MENUopen


HOME > 映画翻訳家協会のページ > 会員情報 > 森本務

森本務

自己紹介 -Tsutomu Morimoto-

映画館ひとつの街で育つ。

怪獣映画にうつつを抜かしつつも、すでにテレビ時代で、映画は斜陽産業、

あえなく孤城は陥落、ピンク映画専門館に変貌した。

たまに市民会館で上映会があるだけで、映画はテレビで見るものになり、

それでも「サウンド・オブ・ミュージック」や「小さな恋のメロディ」に感動し、

数年ぶりに県庁所在地に出て劇場で観たのが「エクソシスト2」だった。

 

やがて上京すると「スター・ウォーズ」やら「酔拳」に入れあげ、

いっぺん映画館に入ると、入れ替え制のない頃で4回ぐらい観ていた。

英文科だったので翻訳がやりたいなと思い、どこぞの弱小出版社にでも

潜り込もうと就職活動するも、そうは問屋が卸さない、思うに任せず、

ずるずるとマンガ出版社の倉庫でバイトを続けていたら、こんどは

よくしたものでビデオ時代の到来、映像のスポッティングの仕事に

ありつき、諸先輩の原稿を読む幸運に恵まれ、ややあって字幕翻訳を

やらせてもらう。

 

家族は妻1人、子供2人、猫2匹半、犬1匹(猫1匹は半野良、犬は元千葉の野犬)。

趣味は読書(最近は時代小説の佐藤雅美と推理小説の米澤穂信)と日本のアニメ鑑賞(「僕だけがいない街」

感心した。「傷物語」三部作は外せない。一度頓挫した「虐殺器官」は楽しみ)。

主訳書は「プレストン・スタージェス」キネマ旬報社刊。

字幕を担当した公開予定作品は「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」(2016/11)。

代表作

 

「ザ・ブリザード」 THE FINEST HOURS

公開年 2016年
製作国 アメリカ
監督 クレイグ・ギレスピー
配給 ディズニー

 

「幸せのちから」 THE PURSUIT OF HAPPYNESS

公開年 2007年
製作国 アメリカ
監督 ガブリエレ・ムッチーノ
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

 

「チャイニーズ・ブッキーを殺した男」  THE KILLING OF A CHINESE BOOKIE

公開年 1993年
製作国 アメリカ
監督 ジョン・カサヴェテス
配給 東北新社=シネセゾン

 

PAGE TOP