MENUopen


HOME > イベント情報一覧 > 『字幕翻訳者が選ぶオールタイム外国映画ベストテン』出版記念イベント「映画と字幕とあの頃』開催!

『字幕翻訳者が選ぶオールタイム外国映画ベストテン』出版記念イベント「映画と字幕とあの頃』開催!

AC Booksより昨年12月に発売された『字幕翻訳者が選ぶオールタイム外国映画ベストテン』の発売を記念して、三省堂書店神保町本店で戸田奈津子氏、菊地浩司氏、石田泰子氏によるトークセッションが行われました。

 

当日は映画好きの人や、現役字幕翻訳者、字幕翻訳を目指している人らが大勢来場し、会場は満席となりました。

 

それぞれが選出した思い入れのある作品や、記憶に残る作品、字幕制作、翻訳作業の裏話などがたっぷりと語られ、また来場した人のために「ミニミニ字幕翻訳講座」も開かれました。

 

 

字幕翻訳には「1秒4文字」という文字数制限の縛りがあり、情報量の多いセリフをいかにコンパクトに字幕にできるかが重要なんだそうです。

 

たとえば・・・。

 

Tell Kojisan that i will go to California next week.

 

アメリカ人だと2秒足らずで言ってしまうので、「1秒4文字」の原則に従うと、この文章は8文字にしなくてはいけません。

文章を直訳すると・・・。

 

私は来週カリフォルニアへ行くとコウジさんに伝えて

 

となり、24文字になります。この24文字を8文字に圧縮すると、どんな風に訳せるでしょうか?

 

前後のセリフの流れやシチュエーションによって、うまく説明できる表現を考えていきます。

 

  

 

1 コウジさんに伝えて 9文字 誰が誰に伝えて欲しいのか?
2 カリフォルニアへ 8文字 どこへ行こうとしているのか?
3 来週だと伝えて 7文字 いつ行こうとしているのか?
4 私が行くと伝えて 8文字 伝えて欲しいのかどうか?

 

一本の映画の中で、ここにはめるべき情報が何かということを考え、8文字の中におさめます。全部直訳で入ればいいですが、8文字しか入らないので、セリフにあう一番大事な要素は何かという事を抽出しそこにあてはめます。流れよく映画を観ている人たちがそこで止まらないよう、流れよく見せていくことが大事で、決して「コウジさん」という要素が大事なわけではないのです。

 

 

Todasan accused her superior of sexual harassment

/●●さんは彼女の上司をセクハラで訴えた(19文字)

 

 

これも8文字以内で訳しますが、どれが一番重要な要素なのでしょうか?

 

 

1 ●●さんが訴えた 8文字 ●●さんが訴えた事が重要か?
2 上司を訴えた 6文字 誰が訴えた事が重要か?
3 セクハラで訴えた 9文字 何で訴えた事が重要か?
4 上司をセクハラで 8文字 上司を訴えたことが重要か?

  

 

情報をこれだけ削っても、日本語ではこれだけの字数をとってしまいます。映画は映像が主役であり、映像を見ながら字幕をちらっと見るものなので、分かるような日本語で表現しなければならないのです。

 

よく英語で出てくるフレーズです。

 

 

He knows what he's doing/彼は自分のしていることを分かっている(18文字)

 

 

4文字程度の字幕にします。

 

1 彼は分かっている 7文字
2 彼には自信が 6文字
3 ぬかりはない 6文字
4 彼に任せろ 5文字

 

 

「彼には自信が」というセリフは、「自分のしていることを分かっている=自分に自信がある」というニュアンスを伝えたい意訳になります。「ぬかりはない」はさらに意訳がすすんだセリフです。「彼に任せろ」は、「彼は自信があるから大丈夫だ」というニュアンスを伝えたいセリフです。それぞれの状況によってこのような訳が可能になります。

Less is more./より少ない方がよりよい

 

 

すごくあいまいな日本語です。状況にもよりますが、字幕の場合はできればもっとはっきりした言葉で意訳をします。この文章を5文字にするとどうなるでしょうか? 

 

足るを知れ/欲張るな

 

 

 「足るを知れ」。とてもよい日本語ですが最近ではなかなか使われない言葉なので、日本語が分からない人の方が多いかも知れません。こういうのが「名訳」と言い、よく「名訳」と「名セリフ」を混同しがちですが「名セリフ」は原文がよいのであって、誰が訳しても「名セリフ」なのです。

 
映画翻訳家協会 編集

 

 

 

 

 

 

 

 

「字幕翻訳者が選ぶオールタイム外国映画ベストテン」は、AC Booksより発売中!

 

 

字幕翻訳者の素顔が分かる今までにはない1冊となっています。字幕制作の裏話やコラムも収録しており、

字幕翻訳者を目指す方にもオススメです。

PAGE TOP