HOME > RECOMMEND > 『怪盗グルーのミニオン大脱走』 新曲「There’s Something Special」MV

RECOMMEND

『怪盗グルーのミニオン大脱走』 新曲「There’s Something Special」MV

イルミネーション・エンターテインメントが贈る、『怪盗グルー』シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』の劇中使用楽曲である、ファレル・ウィリアムスの新曲「There’s Something Special(ゼアズ・サムシング・スペシャル)」のMVが届いた。『怪盗グルー』シリーズの1作目より音楽を手掛け、2作目での主題歌「ハッピー」は、全米シングル・チャート10週連続1位に輝き、第87回グラミー賞「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス」も受賞、ミュージック・ビデオは現在9億5千万回以上の再生回数を記録、MVは日本版もつくられるなど大きな話題となった、シンガー、ソングライター、プロデューサーとしてはもちろん、ファッション/カルチャー・アイコンとしても世界にその名を知らしめるスーパー・マルチ・アーティストのファレル・ウィリアムス。

本作だけでなく、これまでのシリーズでも数多くのオリジナルソングを担当してきたファレルは、歌手活動と異なる映画という舞台について「大きな仕事ができるチャンスだと思っている。たくさんのアーティストと協力できる機会だから、1つのものを皆で作り上げていくのをとても楽しんでいるよ」とコメント。また、MVでも共演しているミニオンについては「彼らは、まさに小さいころの僕自身だよ。マヌケで陽気なところがそっくりなんだ」と自身との共通点を明かしている。また、7月19日に国内盤CDが発売となる「怪盗グルーのミニオン大脱走」サウンドトラックは、全面プロデュースを手がけたファレルによる「ゼアズ・サムシング・スペシャル」「イエロー・ライト」を含む新曲5曲に加え、劇中でも効果的に使われている2015年に発表した「フリーダム」を含む計8曲、今作のコンセプトに合わせ、80年代を彩ったマイケル・ジャクソン、マドンナ、a-ha、ネーナの大ヒット・ナンバーや、ミニオンズが歌う楽曲も収録され、世界で唯一ミニオンが登場する国内盤限定ジャケット仕様となっている。『怪盗グルーのミニオン大脱走』は7月21日(金)全国公開。

 

 

 

 

プロデューサー:クリス・メレダンドリ
監督:ピエール・コフィン/カイル・バルダ

声の出演(字幕版):スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグandトレイ・パーカー
声の出演(吹替版):笑福亭鶴瓶/松山ケンイチ/中島美嘉/芦田愛菜/須藤祐実/矢島晶子/
いとうあさこ/山寺宏一/宮野真守/福山潤/LiSA

配給:東宝東和 公式サイト ©UNIVERSAL STUDIOS

 

7月21日(金)全国公開!!