HOME > 映画ニュース・作品紹介

映画ニュース・作品紹介

映画『サバイバルファミリー』がロシアで開催された国際映画祭にてを受賞

矢口史靖監督の最新作『サバイバルファミリー』が、先月ロシアで開催された「Bridge of Arts motivational 国際映画祭」で<監督賞>を受賞した。8月23日からロシア南部の風光明媚な街ロストフ・ナ・ドヌ市で開催された同映画祭は今年で3回目。32か国から95作品が出品・上映された。26日の公式上映では笑いと悲鳴が飛び交い、終映後、興奮した観客から「鈴木一家以外の人々は、その後どうなったのか?」「一体何人ぐらいのスタッフやエキストラが出たのか?」「ロシアでの上映はないのか?」など大きな反響を得たという。矢口史靖監督の<監督賞>受賞は27日の閉会式で発表され、主催者から「 完璧なストーリー・テラーの矢口は、日本の最も有望な10人の監督のリストに入っています」と絶賛された。そして今週、日本で受賞を知った矢口史靖監督のもとにトロフィーが授与され、監督本人から喜びのコメントが到着した。

 

 

「『サバイバルファミリー』でロシアの映画祭から監督賞を頂きました!

“電気消滅”が世界共通の一大事であり、“家族再生”が普遍的な物語なのだと実感できてとても嬉しいです。ただ一つ気掛かりなのは、もしもこの先、日本を訪れたロシア人が東名高速道路を自転車で走り出したら困るなあ、ということです。スパシーバ!–矢口史靖–」

 

 

『サバイバルファミリー』は9月20日にブルーレイ&DVDを発売予定。スペシャル・エディションには、オールロケで撮影されたCG無しのリアルなメイキングや、「矢口史靖のアーバンサバイバル術講座」など特典映像が満載だ。

 


 

<第3回 Bridge of Arts motivational 国際映画祭>

長編メインコンペティション受賞者

Best Film(作品賞) – Yellow (Iran, 2017)

Best Director(監督賞) – Shinobu Yaguchi , SURVIVAL FAMIRY(Japan,2017)

Best Actress(最優秀女優賞) – Zuzana Kronerová, Ice Mother (Czech Republic, Slovakia, France, 2017)

Best actor(最優秀男優賞) – Rodrigo Pandolfo, Joao – O Maestro (Brazil, 2017)

Best Script (脚本賞)– Moastafa Taghizadeh, Yellow (Iran, 2017)

 

Bridge of Arts motivational 国際映画祭とは・・・  https://imff.ru/en

自然保護・愛・平和・スポーツ・人生など 様々なことに挑戦する姿勢(motivational)の懸け橋となる(Bridge of Arts)作品を世界中から集めて、古代からの交通・文化の要衝であり地理的な懸け橋でもあるロストフ・ナ・ドヌ市にて開催されている。今年(2017年)で3回目の開催となる。32か国から95作品が出品・上映された。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』ムビチケカードが9月15日(金)より発売開始!

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

スマートなスーツに身を包んだ英国紳士がみせるキレ味鋭いアクションと、ギミック満載のスパイ道具の数々や、スピード感とウィットに富んだストーリーが全世界を熱狂させ、4億ドルを超えるメガヒットを記録した『キングスマン』の続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』のムビチケカードが9月15日(金)より全国の上映劇場(※一部劇場を除く)で発売開始となる。

 

前作に引き続きこの物語の主人公となるエグジー(タロン・エガートン)、そして、キングスマンを象徴するキャラクターとして大人気のハリー(コリン・ファース)の2種類から好きなデザインを選べる、ファン垂涎モノのアイテムとなっている。「Suited.」の文字が前面に踊っている通り、英国紳士を象徴する衣装で”キングスマン”らしさ全開のクールな仕上がりとなった本デザイン。派手さとスマートさを兼ね備えたスモークオレンジのジャケットが映えるエグジーは、街のチンピラから一流のエージェントへと成長を遂げたオーラたっぷりの凛とした表情が印象的。一方のハリーは、ミスマッチとも思われる厚手のムートンジャケットとストライプのダブルスーツ、片目を隠したメガネと、死んだと思われた前作から謎の復活を果たす本作でのミステリアスな存在感をアピール。どちらもスタイリッシュなエグジーとハリー、どちらを選ぶ!?

 

また合わせて到着した30秒予告では、英国のキングスマンと米国のステイツマンという同盟関係にある2つのスパイ機関が結束し互いの強烈な個性をぶつけ合いながら、謎の強大な敵ゴールデン・サークルの陰謀から世界を救うために立ち上がる、本作の物語の一端が垣間見られる。エグジーとハリーの2人を筆頭に、本作から登場を果たす超豪華キャストによる新キャラクターも続々登場し、ギミック満載で痛快なアクションが好評を博した前作をさらに凌駕するキレッキレなアクションに期待が膨らむばかり!

 

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

 

 

『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、2018年1月5日(金)より全国ロードショー

『チャイサー』鬼気迫るハル・ベリー捉えたビジュアル&場面写真解禁!

オスカー女優ハル・ベリー製作総指揮・主演ノンストップ・アクションスリラー『チェイサー』のポスタービジュアルと場面写真が解禁された。本作は年間約80万人、1日当たり2000人超ともいわれる、18歳未満の児童誘拐事件という“アメリカの闇”をテーマに、まさに“女性版『96時間』”というべきノンストップ・アクション・スリラー。凶悪犯に立ち向かう美しくもたくましいシングルマザーのカーラを演じるのは、『チョコレート』の黒人女性初のオスカー女優、ハル・ベリー。演技派であると同時に、数々のアクション映画にも出演してきた彼女が、今回観る者のド肝を抜くカーアクションに挑戦。この度解禁されたポスタービジュアルと場面写真はこれまでに見たことのないハル・ベリーの鬼気迫る表情を捉えている。誘拐された息子フランキーを取り戻すべく、犯人を追いかける母カーラはまさに鬼の形相!『キャットウーマン』、『007/ダイ・アナザー・デイ』などで見せた美貌からは想像しがたい体当たりの演技で彼女の新たな魅力に釘づけになること間違えなし。ポスタービジュアルにある“限界まで《加速》する”ハル・ベリーにぜひ注目してほしい!『チェイサー』は9月23日(土)よりユナイテッドシネマアクアシティお台場ほか全国ロードショー。

 

 

『パディントン2』AIによる書き下ろし「Little Hero」が日本版主題歌に決定!

© 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

2016年1月に公開され“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』の続編『パディントン2』(2018年1月公開)の日本版主題歌を、国民的アーティスト・AIが担当することが決定した。

 

前作『パディントン』では代表曲「ハピネス」がイメージソングに起用されたAIだが、今回は本作のために書き下ろしたオリジナルソング「Little Hero」。老若男女問わず幅広い世代から支持を受けるAIが、時代を越え、世代を問わず愛される紳士なクマ・パディントンに向けたラブレターとも言える楽曲を書き下ろした。脚本を読み感じ得た「表紙で本の価値を判断してはならない」(ものを見た目で判断しない、と言う英語の慣用句)というメッセージをそのまま歌詞に込め、ピュアで愛すべき小さなヒーローが気づかせてくれる沢山の大切なことを、歌で表現している。タイトルになっている「Little Hero」とは、モフモフの小さな身体に、勇気と優しさがいっぱいに詰まったパディントンそのもの。笑顔と幸せを届けるパディントン、そして映画の世界観にぴったりな、一緒に口ずさみ踊りだしたくなるオリジナルソング。今回の書き下ろしについてAIから、「まさか、『パディントン2』にまで参加できるとは!嬉しすぎる!」という喜び溢れるコメントも届いた。「Little Hero」は、9月9日より始まるコンサートツアー「和と洋」で初披露され、10月25日発売予定のアルバム『和と洋と。 DELUXE EDITION』 に収録される。

 

 

<STORY>

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。その絵本を買うために様々なアルバイトを始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている・・・!

 

 

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、

ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替:松坂桃李、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめ他
監督:ポール・キング

製作:デヴィッド・ハイマン

原作:マイケル・ボンド

配給:キノフィルムズ 公式サイト

 

2018年1月全国ロードショー

『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』12/2公開決定!

©Filmkompaniet / Animoon    Moomin Characters .

1945年にフィンランドの作家、トーベ・ヤンソンによって発表されて以来、絵本、コミックス、アニメーションとして、世界中の人びとから愛されているムーミンの物語。その最新作パペットアニメ『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』が12月2日(土)より丸の内TOEIほか全国公開となるが、30秒の特報が完成した。

 

本作は、原作者であるトーベ・ヤンソン自ら監修し、「大好きな作品」と語っていた1978年から82年にポーランドで製作された短編テレビシリーズを、フィンランドにてデジタル・リマスター化、劇場版長編映画として完成させたパペットアニメ映画シリーズの最新作。映画シリーズ初となる、冬のムーミン谷が舞台となっている。今回リリースされた30秒の特報には、フワフワ、モフモフしたパペットならではの質感のもつあたたかさ、ムーミンらキャラクターたちの動きの愛らしさがふんだんに詰めこまれており、真っ白な雪景色の美しさとともに見るものを魅了する。 この特報映像は公式サイトにて鑑賞できるほか、同サイトにて英語版主題歌のPV映像も同時に配信している 。

 

 

『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』

MOOMINS and the WINTER WONDERLAND

 

<STORY>

物語のはじまりは、木の葉が舞い落ちる秋。好奇心いっぱいのムーミントロールはムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようと出かけます。そこで知ったのは、まもなくやってくるという「クリスマス」の存在。”クリスマスさん”って誰? どんな人? やがてムーミンが出会う不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜・・・・・・。ムーミンたちが初めてクリスマスを迎えるまでを描いた、心あたたまる物語。

 

監督:ヤコブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン

配給:東映株式会社 公式サイト

 

12月2日(土)全国ロードショー

『ターミネーター2 3D』ロバート・パトリックインタビュー映像

『タイタニック』『アバタ―』で数々の記録を塗り替えたジェームズ・キャメロン監督の代表作であり、アーノルド・シュワルツェネッガーの人気を不動なものにした『ターミネーター2』が最先端の3D技術で新たに『ターミネーター2 3D』 として、現在絶賛公開中!公開を記念して、T-1000を演じ、現在も映画・TVで活躍中のロバート・パトリックの最新インタビュー映像が解禁となった。T-1000を演じる際に、4カ月の過酷なトレーニングを積んだこと、彼自身の『ターミネーター2』のお気に入りのシーンなど、知られざるエピソードが、ロバート・パトリックの口から語られる。日本の上映が世界最速公開となる『ターミネーター2 3D』について「あらゆる映画の枠がひとつになって作り上げた完璧に近い素晴らしい映画」と26年を経ても自信を持って語るロバート・パトリック。3D映画として楽しめるだけではなく、4Kデジタルリマスターされた映像も驚異的に素晴らしい『ターミネーター2 3D』を劇場で体感しよう!!

 

8月11日(金・祝)より絶賛公開中!

チェイサー

ハル・ベリー製作総指揮・主演ノンストップ・アスションスリラー「KIDNAP」(原題)が邦題『チェイサー』として、9月23日(土)よりユナイテッドシネマアクアシティお台場ほか全国ロードショーとなる。

 

年間約80万人、1日当たり2000人超ともいわれる、18歳未満の児童誘拐事件という“アメリカの闇”をテーマに、まさに“女性版『96時間』”というべきノンストップ・アクション・スリラー。凶悪犯に立ち向かう美しくもたくましいシングルマザーのカーラを演じるのは、『チョコレート』のオスカー女優、ハル・ベリー。演技派であると同時に、ストーム役を演じた『X-メン』シリーズや『キャットウーマン』、『007/ダイ・アナザー・デイ』など、数々のアクション映画にも出演してきた彼女が、今回観る者のド肝を抜くカーアクションに挑戦。また、自らのプロダクション「606フィルムズ」を率いて、製作総指揮としても参加している。

 

監督はカルト的人気を誇るニコラス・ウィンディング・レフン監督のデビュー作『プッシャー』のイギリス版リメイクのほか、人気の海外ドラマ「STARTUP スタートアップ」「Zネーション」も手掛ける新鋭・ルイス・プリエト。プロデュサーは『トランスフォーマー』シリーズのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ。『X-MEN』シリーズ最新作『The New Mutants』も手掛けるネイト・グワルトニーによるムダなものを削ぎ落した脚本を基に、スピーディーかつ緊迫感溢れる演出を披露。また、『フライト・ゲーム』『アンノウン』『ロスト・バケーション』など、ジャウマ・コレット=セラ監督作で知られる名カメラマン、フラビオ・ラビアーノによるダイナミックな撮影、ベリー主演作『ザ・コール [緊急通報指令室]』のアヴィ・ユアビンによるスタイリッシュな編集など、一流スタッフがストーリーを一層盛り上げてくれる。低予算の作品ながらも驚異の全米5位スタートを記録している。

 

 

<STORY>
シングルマザーのカーラは一瞬目を離したすきに最愛の息子フランキーを公園で何者かに連れ去られてしまう。必死で追いかけるも息子を乗せた車は走り去ってしまう。携帯電話を失くし、犯人の正体も分からず、地元警察も動いてくれない。たった一人で息子を救い出す覚悟を決めた彼女は、“最強の母”へと変貌する!

 

監督:ルイス・プリエト
出演:ハル・ベリー、リュー・テンプル、セージ・コレア
配給:プレシディオ

9/23(土)ユナイテッドシネマアクアシティお台場ほか全国ロードショー

『ベイビー・ドライバー』特別メイキング映像

エドガー・ライト監督の最新作『ベイビー・ドライバー』が先週末より全国公開となった。全米でも興行成績1億ドル突破の大ヒットを記録している本作。日本でも全国40劇場のうち10劇場で、週末土日シェアNo.1を獲得!満席が続出し、SNSにも「もう一度見たい!」など熱量の高い書き込みが溢れている。主演のアンセル・エルゴートがドリフトを猛特訓する様子や、スタント・コーディネーターへのインタビューなど、“若き天才ドライバー”誕生の裏側が伝わるメイキング映像が解禁となった。アンセルの正確なドライビングテクニックと、スタントによる派手なカーアクションにますます期待が膨らむ映像となっている。

 

 

 

『ベイビー・ドライバー』
監督・脚本:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェイムズ、
エイザ・ゴンザレス、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 公式サイト
8月19日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴート初日舞台挨拶

サウス・バイ・サウス・ウェスト映画祭で大絶賛の観客賞を受賞、さらに映画評価サイトのロッテン・トマトでも高評価の97%フレッシュを獲得し、全米でも1億ドル突破の大ヒットを記録している『ベイビー・ドライバー』が、先週8月19日(土)より全国公開となった。

 

本作で主人公”ベイビー”を演じたアンセル・エルゴートが、2015年のEDMイベント「ULTRA JAPAN」に”DJアンソロ”名義で参加して以来約2年ぶりに来日し、初日舞台挨拶に登壇した。俳優として映画のプロモーションのために来日するのは今回が初めてとなる。

 

 

Q. アメリカでは既に興行成績は1億ドル超えの大ヒットを記録、また世界でもドイツ、メキシコ、フランス、ベルギーなど既に公開された47カ国以上で大ヒットとなっています。しかもどの国でも観た後の口コミが大変良く、公開後、息の長い興行となっていますね。この状況をどんな風に受け止めていますか?

 

アンセル:こういう作品に関われた事を本当に嬉しく思っているんです。元々、撮影現場でも、出来上がった作品を初めて観た時も本当に特別な映画だと思いましたし、それはやっぱりエドガー・ライトという監督が天才であり、素晴らしいヴィジョンを持っているからなんだと思うんです。そして、『ベイビー・ドライバー』のような作品が大ヒットしていてすごく嬉しいなと思う事は、ハリウッドでは超大作のシリーズや原作ものを作ることが多いんですよね。しかし、この作品はエドガーが思い描いたオリジナルの脚本、オリジナルの映画になっています。この作品の成功を受けて、ハリウッドやスタジオがもっとオリジナルの作品を作るようになってくれればいいと思います。そして、皆さんがこうして劇場に駆け付けてくれる事、席をいっぱいにしてくれる事が、オリジナルの作品を観れるきっかけとなるので本当に感謝しています。

 

Q. 今回演じたベイビーですが、寡黙なキャラクターでその分、表情やちょっとしたしぐさて感情を表したり、なにより音楽に合わせて振り付けのような動きをしたり、特殊な動きが役だったと思いますが、演じる上で一番大切にした事は何ですか?

 

アンセル:今回演じたベイビーのキャラクターは本当に大好きなんです。普通のアクションヒーローのタイプではなくて、若者らしさのあるキャラクターなんです。彼は犯罪的な行為をしてるかもしれないけれど、ほとんどアウェイな立場でもあります。最初の脚本を読んだ時からディテールを含めてすぐに気に入ったキャラクターでした。準備のために撮影前に1か月くらい期間を取り、色々な事を学びました。スタントドライビングなど運転絡みのテクニックも教えてもらいましたし、車を飛び越えるようなスタントもやらせてもらえたのですごく楽しかったです。そして、音楽に合わせて動くシーンも撮影前のリハーサルで1か月でみっちり特訓しました。というのも、撮影が始まってしまったらリハーサルする時間が全くなかったからなんです。何よりもこのキャラクターを生んでくれたエドガーに感謝しているし、僕も観客としてベイビーというキャラクターは本当に大好きで、愛すべきキャラクターだと思っています。

 

Q. ミュージシャンとしても活躍されていますが、バッツ役のジェイミー・フォックスさんもミュージシャンであり、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーさんも出演されています。エドガー・ライト監督も大の音楽好きですね。みなさんで音楽の話で盛り上がったりしましたか?

 

アンセル:ジェイミーやフリー、そして実はケヴィン・スペイシーも歌がかなり上手いんです。全キャストがミュージシャンか密かに音楽を嗜んでる方だったんです。というのも、監督が音楽的素養を持っている方を選んだからなんだと思うんですね。実際に現場ではヘッドフォンで音楽を聴きながら演技をしていたんですが、実は自分だけではなく共演者もイヤーピースを入れて同じように楽曲が聴けるような態勢だったので、全員が同じビートに合わせて撮影する事が出来ました。自分も音楽をやっていて、作曲もするし、歌も歌うので、今回の撮影でフリーやジェイミーに自分の楽曲を聴いてもらえるようなチャンスがあればいいなと思っていたんですが、 ジェイミーと会ったその日に「音楽をやっているだって?じゃあ、ちょっと聴きたいから後でうちへおいでよ。」と言われて、ジェイミーの自宅で招待してもらって、バスケをしたりジャムセッションをしたり、自分の楽曲を弾いてもらえる事が出来たんです。どれだけ、ジェイミーという人が温かい心の持ち主なのか、このエピソードから分かるかと思いますけど、劇中でのバッツとベイビーの関係とはだいぶ違ったんです。

 

「京都に行くのを楽しみにしています。日本を堪能しつくして、また来日したいと思っています。」と日本滞在を楽しんでいるアンセル。最後に、会場から選ばれたファンにアンセルと監督のサイン入りのサントラEPのプレゼントを渡し、「本当に『ベイビー・ドライバー』を観てくださってありがとうございます。是非口コミの方もよろしくお願いします。またお会いしましょう!」と日本のファンへ笑顔でメッセージを送った。

 

 

『ベイビー・ドライバー』

監督・脚本:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェイムズ、
エイザ・ゴンザレス、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 公式サイト

8月19日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

『ドリーム』劇中歌の裏側に迫る特別映像

第89回アカデミー賞®で作品賞、助演女優賞、脚色賞にノミネート、全米で昨年末の限定公開を皮切りに大きな評判を呼び、年明けから拡大公開を迎えると『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を抜き去り全米映画興行ランキング1位を獲得。さらに、公開から11週連続でのランキングTop10入りを果たすだけでなく、日本でも40億円を突破し大ヒットの『ラ・ラ・ランド』を上回る興行成績を記録した話題作『ドリーム』。本作に心酔し音楽だけでなく製作にも名を連ねたファレル・ウィリアムスが手掛けた“映画音楽史に残る劇中歌”の制作の裏側に、関係者一同の言葉とともに迫った特別映像。

 

 

 

『ドリーム』

配給:20世紀FOX映画

9月29日(金)、TOHOシネマズシャンテ他、勇気と感動のロードショー!