HOME > 映画ニュース・作品紹介 > 『パディントン2』AIによる書き下ろし「Little Hero」が日本版主題歌に決定!

映画ニュース・作品紹介

『パディントン2』AIによる書き下ろし「Little Hero」が日本版主題歌に決定!

© 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

2016年1月に公開され“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』の続編『パディントン2』(2018年1月公開)の日本版主題歌を、国民的アーティスト・AIが担当することが決定した。

 

前作『パディントン』では代表曲「ハピネス」がイメージソングに起用されたAIだが、今回は本作のために書き下ろしたオリジナルソング「Little Hero」。老若男女問わず幅広い世代から支持を受けるAIが、時代を越え、世代を問わず愛される紳士なクマ・パディントンに向けたラブレターとも言える楽曲を書き下ろした。脚本を読み感じ得た「表紙で本の価値を判断してはならない」(ものを見た目で判断しない、と言う英語の慣用句)というメッセージをそのまま歌詞に込め、ピュアで愛すべき小さなヒーローが気づかせてくれる沢山の大切なことを、歌で表現している。タイトルになっている「Little Hero」とは、モフモフの小さな身体に、勇気と優しさがいっぱいに詰まったパディントンそのもの。笑顔と幸せを届けるパディントン、そして映画の世界観にぴったりな、一緒に口ずさみ踊りだしたくなるオリジナルソング。今回の書き下ろしについてAIから、「まさか、『パディントン2』にまで参加できるとは!嬉しすぎる!」という喜び溢れるコメントも届いた。「Little Hero」は、9月9日より始まるコンサートツアー「和と洋」で初披露され、10月25日発売予定のアルバム『和と洋と。 DELUXE EDITION』 に収録される。

 

 

<STORY>

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。その絵本を買うために様々なアルバイトを始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている・・・!

 

 

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、

ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替:松坂桃李、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめ他
監督:ポール・キング

製作:デヴィッド・ハイマン

原作:マイケル・ボンド

配給:キノフィルムズ 公式サイト

 

2018年1月全国ロードショー