HOME > 映画ニュース・作品紹介 > 『いただきます〜みそをつくる子どもたち』10/7(土)より公開決定!

映画ニュース・作品紹介

『いただきます〜みそをつくる子どもたち』10/7(土)より公開決定!

本作は、福岡県にある高取保育園で取り組んでいる“みそづくり”や“和食”給食を取り入れた子育てに迫ったドキュメンタリー映画。これまで、2016年に市民有志の寄付金と多くの人の協力によって完成し、その後、西日本を中心に全国60箇所で自主上映を重ねてきたが、ついに劇場公開が決定した。新たに高取保育園への追加取材や、内科医・奥田昌子氏、映画『みんなの学校』で注目を集めた教育者の木村泰子氏のインタビュ−が加わる。エンディングテーマは坂本美雨が担当し、よりバージョンアップして日本人と和食の深い関係を描く。

 

医食同源に基づいた和食の給食に込められた「いただきます」の本当の意味。福岡県、高取保育園。そこには、まるでタイムトリップしたような、懐かしい日本の子育てがあった。裸足で園庭を駆け回り、竹馬で遊ぶ子どもたち、そして、日本の伝統的な食養生・医食同源に基づいた、みそ汁、納豆、玄米、旬の野菜を中心にした和食の給食。ここでは、毎日食べる玄米は子どもたちが研ぎ、全園児200人分のみそ汁のみそ100kgを毎月5歳児クラスが仕込む。その他、梅ぼし、沢庵、高菜漬けづくりにも子どもたちが参加している。ドラマや映画化もされたベストセラー「はなちゃんのみそ汁」のはなちゃんが通った保育園として、広く知られるようになった高取保育園は1968年に開園。アレルギーや食育という言葉がまだない時代から、アレルギー疾患の子どもたちを受け入れ、その解決策や食のあり方を探ってきた。試行錯誤を続け、答えを“かつて当たり前だった日本の暮らし”の中に見出す。この和食給食スタイルは“食は命なり”という理念のもとに実践され、多くの園児たちを健やかに育ててきた。みそを作り、おにぎりを握る子どもたち。古きよき日本の食卓を学ぶ姿に浮かび上がるのは“和食と日本人の深い関係”。本作では、発酵学の第一人者である小泉武夫先生や各分野の専門家とともに、日本の伝統的な和食に隠された先人たちの英知を紐解いていく。ナレーションは石田ゆり子、やわらかな声が子どもたちの成長をあたたかく包み込む。

 

 

出演:高取保育園の元気な子どもたち、保護者のみなさん、西福江(高取保育園園長)、

小泉武夫、奥田昌子、木村泰子ほか
ナレーション:石田ゆり子
監督・撮影・編集:オオタヴィン プロデューサー:安武信吾
エンディングテーマ:星めぐりの歌(作詞・作曲:宮澤賢治、歌:坂本美雨 with CANTUS )
挿入歌:いま 生きているということ(作詞:谷川俊太郎、作曲・歌:小室等)
製作:イーハトーヴスタジオ 配給・宣伝:メジロフィルムズ 公式サイト

 

10月7日(土)より、渋谷アップリンクほか全国順次公開