HOME > 映画ニュース・作品紹介 > トム・クルーズがぶっ飛んだ役に!『バリー・シール/アメリカをはめた男』10月公開!

映画ニュース・作品紹介

トム・クルーズがぶっ飛んだ役に!『バリー・シール/アメリカをはめた男』10月公開!

© Universal Pictures

1970年代、トランス・ワールド航空社の敏腕パイロットからCIAエージェントとなり、さらに天才的な麻薬の運び屋でもあった実在の人物=バリー・シールの生涯を完全映画化した、トム・クルーズ主演作『BARRY SEAL(原題)』の邦題が、『バリー・シール/アメリカをはめた男』に決定し、10月に日本公開することが決定した。

 

アメリカ史上最高にぶっ飛んだ男の嘘のような人生のすべてを、スリル、アクション、コメディ満載で描き出す、クライム・アクション・エンターテインメント。主人公、バリー・シールを演じるのは、本作の制作を熱望したトム・クルーズ。監督は『ボーン・アイデンティティー』、『Mr.&Mrs.スミス』のダグ・リーマンで、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』以来の再タッグとなる。

 

本作に度々登場するフライトシーンのスタントは、全てトム自身がこなしており、その危険を顧みない挑戦に監督も「開いた口が塞がらないほど、大胆不敵」とコメントするほどで、トムのこれまでと変わらぬ熱心な仕事ぶりを称賛するが、同時に、これまでのイメージをガラリと変える役柄であることも強調。「これまで髪が完璧でないトムなんてお目にかかったことがなかっただろう?インターネットで髪が乱れたトムの写真を探してみるといい!今回はその正反対のキャラクターだ。彼はそういう部分をまったく躊躇することなく、積極的に受け入れたんだよ。」と語っている。

 

 

<STORY>

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

 

 

監督:ダグ・リーマン

出演:トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライトほか

全米公開:9月29日 [予定] 配給:東宝東和

 

10月より全国ロードショー!