HOME > 映画ニュース・作品紹介 > 名匠ラッセ・ハルストレム監督『僕のワンダフル・ライフ』9月29日(金)公開決定!

映画ニュース・作品紹介

名匠ラッセ・ハルストレム監督『僕のワンダフル・ライフ』9月29日(金)公開決定!

『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督最新作『A DOG’S PURPOSE(原題)』の邦題が『僕のワンダフル・ライフ』に決定し、9月29日(金)より日本公開することが決定した。

 

原作は、W・ブルース・キャメロンが、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説で、ニューヨーク・タイムズのベストセラー第1位の座を1年以上キープし、これまでに世界29か国で20の言語に翻訳されている。

 

ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーの“最愛の人”は、自分の命を救ってくれた少年イーサン。それ以来、1匹と1人は固い絆で結ばれていく。しかし、犬の寿命は人間よりうんと短い。ついに、ベイリーが旅立つ日がきてしまう―はずが、彼の愛は不死身だった!ベイリーはイーサンに会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すが、そう簡単にはイーサンと遭遇できない。ようやく3度目で再会を果たしたベイリーは、自ら与えられた“重要な使命”に気付く。

 

全く異なる4つの“犬生”を生きる本作の主人公ベイリーは、物語の中でゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードとオーストラリアン・シェパードのミックスと姿を変えていく。その声を担当するのは、製作スタッフのたっての願いで、世界的大ヒット作『アナと雪の女王』でオラフの声を演じ、実写版の『美女と野獣』ではル・フウ役を演じたジョシュ・ギャッド。ピュアなスピリットとユーモアに満ちた声の演技で、ファンタジーとリアルを繋ぐ自然で心地よい架け橋を作り上げています。また、若き日のイーサン役には、新人のK・Jアパが抜擢。成人したイーサンを演じるのは、『エデンより彼方に』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたデニス・クエイド、イーサンの初恋の人、ハンナには『トゥモローランド』のブリット・ロバートソン、大人になったハンナには、「ツイン・ピークス」シリーズで知られるペギー・リプトンら実力派俳優たちが揃い、犬に負けない演技をみせている。犬をテーマとした映画に関わってきたラッセ・ハルストレム監督が、犬と人間の絆をハッピーに描き切り、自らのドッグシリーズの集大成となったといえる本作。けなげでかわいい犬を主人公に贈る、涙と笑いと感動の物語。

 

 

監督:ラッセ・ハルストレム

原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)

出演:ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド with ジョシュ・ギャッド

配給:東宝東和 公式サイト