HOME > 映画ニュース・作品紹介 > ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ 

映画ニュース・作品紹介

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ 

『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』

Genius

 

実在の名編集者と若き天才作家、文学に全てをかけた二人の友情の物語

 

©Genius Film Productions Limited 2015

実在の名編集者マックスウェル・パーキンズと37歳で短い生涯を閉じた天才小説家トマス・ウルフの人生と友情を描いた感動作。寡黙な編集者パーキンズを演じるのは『英国王のスピーチ』『キングスマン』のオスカー俳優、コリン・ファース。自由奔放な作家トマス・ウルフを『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウが演じ、父と息子のように惹かれ合う運命の絆で結ばれたふたりの男を熱演。本作が初共演となる。またウルフを支える愛人アリーンにニコール・キッドマン、「グレート・ギャツビー」の作家F・スコット・フィッツジェラルドをガイ・ピアースが演じる。脚本は『007 スカイフォール』のジョン・ローガン、監督は本作が初監督作品となる、トニー賞を受賞した演出家マイケル・グランデージ。

 

 

1920年代ニューヨーク、「老人と海」「グレート・ギャツビー」などの名作を手がけた編集者パーキンズ。ある日彼の元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれる。彼の才能を見抜いたパーキンズは、感情のままにペンを走らせ、際限なく文章を生み出すウルフを父親のように支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーに導く。そして更なる大作に取りかかるふたりは昼夜を問わず執筆に没頭。パーキンズは家庭を犠牲にし、ウルフの愛人アリーンはふたりの関係に嫉妬し胸を焦がす。やがて第二作が完成。ウルフは「この本をパーキンズに捧げる」と献辞を付け足し、ヨーロッパへ旅立ってしまう・・・。予告編

 

 

監督:マイケル・グランデージ

脚本:ジョン・ローガン

出演:コリン・ファース、ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、

ガイ・ピアース、ローラ・リニー、ドミニク・ウェストほか

原作:「名編集者パーキンズ」A・スコット・バーグ (草思社刊)

配給:ロングライド 公式サイト

 

10月7日(金)よりTOHOシネマズシャンテ先行公開、10/14(金)より全国公開