HOME > 映画ニュース・作品紹介 > 月別アーカイブ: 2016|8月

映画ニュース・作品紹介| 月別アーカイブ: 2016|8月

『ペット』が動員250万人&興収30億円突破!!勢い止まらず!

©Universal Studios.

「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描きだした、ペットたちの笑いと絆と感動の物語『ペット』が、公開18日間で早くも動員250万人、興行収入30億円を突破し、8月28日(日)時点で、観客動員数257万4961人、興行収入31億4593万8300円を記録した。先週末の土日も動員233,912人、興行収入2億9915万700円と前週比82.2%をキープしており、シルバーウィークに向け、まだまだ勢いは止まらず、どこまで記録を伸ばし続けるのか、ますます期待が高まる。

 

7月8日(金)に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。8月29日(月)現在、全米興行収入は3億5322万ドルを突破し、『ミニオンズ』(3億3604万ドル)の成績を早くも突破する好調ぶり。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに7億ドルを突破!早くも続編制作が決定し、“ペット・フィーバー”の勢いはまだまだ止まらない(8月29日時点、Box Office Mojo調べ)。

 

『ペット』大ヒット公開中!

配給:東宝東和 公式サイト

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>

『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』

Teenage Mutant Ninja Turtles Out of The Shadows

 

「ミュータント・タートルズ」シリーズ第2作!

 

©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ILMが手掛ける最先端のVFX技術を駆使したスピーディーなアクションと、タートルズたちのコミカルなキャラクターが世界中の観客を魅了し、予想をはるかに上回る大ヒットとなった前作から2年。前作に引き続きマイケル・ベイが製作を務め、監督は「EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー」のデイブ・グリーン。ヒロインにミーガン・フォックス、そして新たにスティーヴン・アメルが参戦。最強の忍術、新たな武器、かつてないスピード感、抜群のチームワーク、甲羅よりも固い絆、そしてリズム感あふれる爆笑の”ノリ”。ますますパワーアップした世界最強の4兄弟が、仲間を守るため、世界を救うため、NYの街を飛び出し、今度は世界を舞台に暴れまわる、進化した怒涛のハイスピードアクション超大作。

 

 

<STORY>

タートルズの宿敵シュレッダーは、マッドサイエンティストのバクスター・ストックマン博士と、マヌケな子分ビーバップとロックステディの協力で脱獄を果たし、再びNYを恐怖に陥れようとする。タートルズたちはTVレポーターのエイプリル・オニール、そして新たな仲間、ホッケーマスクをかぶったNY市警のケイシー・ジョーンズらとともに悪事を阻止しようとするが、彼らの前に立ちはだかるのはイノシシとサイのミュータントに変貌したビーバップ&ロックステディだった!さらには異次元からきた新たな敵、悪の帝王クランゲの世界征服の野望も加わって、戦いの舞台はNYからブラジル、そして空中戦へともつれ込む!そんな中、甲羅よりも強い絆で結ばれていたはずのタートルズに分裂の危機が…?!最大のピンチを迎えたタートルズは世界を、そして仲間を救えるのか―?

 

 

 

 

製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラー、

ゲイレン・ウォーカー、スコット・メドニック

監督:デイヴ・グリーン

出演:ミーガン・フォックス(エイプリル・オニール)、ウィル・アーネット(ヴァーン)、ローラ・リニー、スティーヴン・アメル(ケイシー・ジョーンズ)、タイラー・ペリー(バクスター・ストックマン)、ブライアン・ティー(シュレッダー)、ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ(ビーバップ)、ステファン・“シェイマス”・ファレリー(ロックステディ)

配給:東和ピクチャーズ 公式サイト

 

大ヒット公開中!

イングリッド・バーグマン~愛に生きた女優~

『イングリッド・バーグマン~愛に生きた女優~』

Ingrid Bergman – In Her Own Words

 

イングリッド・バーグマンドキュメンタリー作品

 

©Mantaray Film AB. All rights reserved.

『カサブランカ』『ガス燈』『追想』『オリエント急行殺人事件』『誰が為に鐘は鳴る』『秋のソナタ』『白い恐怖』などで知られる伝説の女優、イングリッド・バーグマンの、2015年に生誕100周年を記念し、カンヌ国際映画祭にて上映されたドキュメンタリー作品。
本作でのバーグマンは、女優としての艶やかな姿とは別に、家族を愛し真っ直ぐに生きる一人の女性としての姿が印象的。カメラ好きな父親の影響から、自らも撮影を好んだ彼女が肌身離さず持ち歩いていたカメラに収められた貴重なスチールも公開され、愛に溢れた彼女の生活が明かされる。さらに今まで表に出ることのなかった、プライベートな映像や日記、手紙、彼女の子どもたちとのインタビューを通して、スウェーデンからやってきた少女がいかに世界的な大女優となったのか、その軌跡を描いている。また本作のナレーションをバーグマンと同じくスウェーデン出身で、『リリーのすべて』で本年度アカデミー賞®助演女優賞を受賞した、アリシア・ヴィキャンデルが担当。

 

 

監督:スティーグ・ビョークマン

出演:イザベラ・ロッセリーニ、イングリッド・ロッセリーニ、ロベルト・ロッセリーニ、ピア・リンドストローム、フィオレラ・マリアーニ、リブ・ウルマン、シガニー・ウィーバー、ジャニーン・ベシンガー

配給:東北新社 公式サイト

 

 

 

 

8月27日(土)より Bunkamura ル・シネマ他全国ロードショー

ティエリー・トグルドーの憂鬱

『ティエリー・トグルドーの憂鬱』

La Loi du Marche

 

『母の身終い』ステファヌ・ブリゼ監督最新作!

 

©2015 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA

 

『母の身終い』の監督ステファヌ・ブリゼと名優ヴァンサン・ランドンが再びタッグを組み、フランスで大ヒットした社会派人間ドラマ。己の矜持と社会のしがらみの中で板挟みになり、そして、現実のために身を落としてゆく中年男をヴァンサン・ランドンが重厚な演技で観る者を魅了する。ドキュメンタリーのような冷徹なカメラの元、圧倒的存在感を焼き付ける演技は、2015年カンヌ国際映画祭で批評家の絶賛を受け、主演男優賞を獲得し、監督のステファヌ・ブリゼがエキュメニカル審査委員賞を獲得した。自己保身と矜持、組織と個人、誰もが日々体験しているであろう社会の矛盾をあますところなく描き出している。

 

 

<STORY>

ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れることができる。ティエリーはようやくスーパーの警備員の仕事に就くことができる。希望していたエンジニアの仕事ではないが、今はそんなことは言っていられない。しかし、彼はそこで、買い物客だけでなく自分の同僚たちまで不正をしていないかを監視し、発見した場合には告発しなければならないことを知る。ある日、告発によって、従業員の一人が自殺し、彼は会社側の厳しい対応に内心疑問を覚えるが・・・。

 

 

 

 

監督:ステファヌ・ブリゼ

主演:ヴァンサン・ランドン

配給:熱帯美術館 公式サイト

 

8/27(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-

『スーパーメンチ 時代をプロデュースした男!』

Supermensch:The Legend of Shep Gordon

 

「オースティン・パワーズ」のマイク・マイヤーズ初監督作品!

 

© 2013 NoMoneyFun Films Inc. and A&E Television Networks LLC. All Rights Reserved.

70年代ハリウッドのミュージックシーンを牽引した、伝説のカリスマプロデューサー、シェップ・ゴードンの破天荒な半生を描いたドキュメンタリー映画。

 

ピンク・フロイドやアリス・クーパーらを世界のスーパースターに育て上げる一方で、食業界にもその名を轟かせ“カリスマシェフ”ブームを巻き起こした、ハリウッドの愛すべき陰の実力者であり、通称、スーパーメンチ(超いい人!)とよばれるシェップ・ゴードン。マイケル・ダグラスやダライ・ラマ、アーノルド・シュワルツェネッガー、シルベスター・スタローン、エイドリアン・ブロディ、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリクスといった豪華セレブリティが語り継ぐ。常に裏方に徹しながら、数多くのスターと出会い、愛され、長年に渡りアメリカのエンタメ業界を牽引してきた伝説のカリスマプロデューサーの、エンターテイメントな人生を解き明かす。監督は本作が監督デビュー作となる「オースティン・パワーズ」のマイク・マイヤーズ。

 

 

<STORY>

大学卒業後ロサンゼルスへと移ったゴードンは、チェックインしたホテルで“たまたま”ジャニス・ジョプリン、ジム・モリソン、ジミ・ヘンドリクスらと知り合い、なりゆき任せに音楽マネジメントの道へ。ピンク・フロイド、ルーサー・ヴァンドロス、テディ・ペンダーグラス、アリス・クーパーらをスターに育て上げ、エメリル・ラガッセのような“カリスマシェフ”を誕生させるなど、天才的マネジメント手腕を発揮する。快楽主義的イケイケドンドンの70年代から、本当の家族にあこがれる仏教徒となった現在に至るまでの足跡を、笑いあり涙ありの貴重なアーカイブ映像を交えて辿ってゆく。

 

 

 

 

監督:マイク・マイヤーズ

配給:ピクチャーズデプト 公式サイト

 

9月24日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次ROADSHOW

スティーヴン・セガール最新作『沈黙の粛清』金メダル級の狙撃映像

Ⓒ2015 Code of Honor Productions, LLC.

スティーヴン・セガールの「沈黙」シリーズの最新作『沈黙の粛清』が8月20日(土)より東京・池袋シネマ・ロサで公開となった。

 

本作ではスティーヴン・セガールが、武術、ナイフ、重火器を駆使して全編に渡り過激なアクションを連発し、さらには”セガール拳”も炸裂させている。復讐のため、そして自らの正義のために悪党どもを粛清する最強の処刑人を熱演し、まさしく“セガール・アクション”の真骨頂とも言うべきド派手な大暴れを披露している。

 

セガール演じる元米軍特殊部隊のロバート・サイクス大佐が数キロ先のビルの屋上から、護送中のマフィアのボスを狙撃する映像が金メダル級の狙撃術なので、ぜひ映像をご覧いただきたい。

 

裁判所からの護送中、マフィアのボスが突然狙撃されるシーンから始まる。ボスを取り囲む報道陣や警察官らが騒然とする中、映像が数々のビル群をすり抜けて一件の古びたビルの上へズームアップするとそこにはライフルを構えたセガール演じるロバート・サイクス大佐の姿が!何と彼は数キロ先から標的を狙撃していた。本編は是非劇場で。

 

 

<STORY>

ドラッグの取引現場でギャングたちが何者かに皆殺しにされる事件が発生。愛する家族をギャングに殺された米軍特殊部隊出身のロバート・サイクス大佐が捜査線上に浮かび上がるが、その後もサイクスは復讐と自らの正義を執行するため街の悪党たちを次々に血祭りに上げていく。同じ部隊出身のFBI捜査官ポーターは懸命にサイクスを追跡するが神出鬼没の彼を止めることができない。時同じくして、サイクスに部下を殺されたマフィアのボス ロマノは組織を総動員しサイクスの抹殺を指示する。そうして血を血で洗う熾烈な全面戦争の火蓋が切って落とされたのだった・・・。

 

 

『沈黙の粛清』
監督・脚本:マイケル・ウィニック

出演:スティーヴン・セガール、クレイグ・シェイファー、ジェームズ・ルッソ、

ルイス・マンディロア、グリフ・ファースト、ヘレナ・マットソン

配給:クロックワークス 公式サイト R15+

 

8月20日(土)池袋シネマ・ロサ、8月27日(土)なんばパークスシネマにてロードショー!

ハートビート

『ハートビート』

High Strung

 

ジャンルを超えた音楽とダンスが融合した、エンタテインメント・ムービー!

 

©2015 High Strung, LLC

主人公のルビーには、アメリカ人で初めてロシアの名門マリインスキー・バレエに入団し、本作が女優デビューとなるキーナン・カンパ。また、ジョニーには、ミュージシャンとしても活躍し、英国男子の新星として注目を集めているニコラス・ガリツィン。そして、ジャジーには、英国ロイヤル・バレエ学校出身で、『エクス・マキナ』にも出演しているソノヤ・ミズノ。さらに、ロンドン、パリ、ロサンゼルス、ニューヨークから集められた、世界最高峰のダンサー62人が参加し、圧巻のパフォーマンスを見せている。

 

<STORY>
夢を叶える街、ニューヨーク。プロのバレエダンサーになる為に上京してきたルビーは、ある日、生活の為に地下鉄で演奏するイギリス人バイオリニストのジョニーと出会う。二人は徐々に惹かれ合っていくが、自分が思い描くようなダンスが出来ないルビーは、ルームメイトのジャジーと共に、奨学金の資格剥奪のピンチに直面する。一方、ジョニーは大切なバイオリンを盗まれた上、グリーンカード詐欺に遭い、不法滞在で強制送還の危機に陥ってしまう。崖っぷちの二人は、ヒップホップダンスチーム“スイッチ・ステップス”を誘い、お互いの夢を叶える為、“弦楽器&ダンスコンクール”に出場することになるが…。

 

 

 

 

 

監督:マイケル・ダミアン

脚本:ジャニーン・ダミアン、マイケル・ダミアン

出演:キーナン・カンパ、ニコラス・ガリツィン、ソノヤ・ミズノ

配給:武蔵野エンタテインメント 公式サイト

 

8/20(土)より、新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー

映画『ペット』が大ヒットスタート!興行収入ランキング、堂々の首位!

©Universal Studios.

「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描きだした、ペットたちの笑いと絆と感動の物語『ペット』が8月11日(木・祝)に、日本全国348館、363スクリーンで封切られ、公開4日間で観客動員数78万9,500人、興行収入9億8,282万円を記録し、堂々の週末映画ランキング第1位を獲得した。

 

イルミネーション作品が国内映画ランキングで1位になるのは今回が初となる。尚、公開初日の成績は観客動員数23万3,338人、興行収入2億9,526万円という爆発的な数字で、昨年の夏休みを席捲した『ミニオンズ』(興行収入:52億円)、『ジュラシック・ワールド』(興行収入:95億円)の初日成績を凌ぐほど。

 

7月8日(金)に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。8月15日(月)現在、全米興行収入は3億3594万ドルを突破し、7月から8月にかけて全米公開された夏の作品でトップの成績を飾っている。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに5億9264万ドルの大台に到達。6億ドル超えも目前の状況となっており、2016年に公開された全作品において興行収入ランキング第7位にまで登りつめた。この大ヒットを受け、早くも続編制作も決定している。(8月15日時点、Box Office Mojo調べ)

 

『ペット』大ヒット公開中!

配給:東宝東和 公式サイト

きみがくれた物語

『きみがくれた物語』

The Choice

 

恋愛小説家ニコラス・スパークス最新作!

 

©2016, Choice Films, LLC All Rights Reserved.

『きみに読む物語』『親愛なるきみへ』の恋愛小説家ニコラス・スパークス自身の最高傑作と謳うミリオンセラー小説の映画化。監督はアカデミー賞®脚本賞ほか国際映画祭で94部門受賞117部門ノミネート作品『ロスト・イン・トランスレーション』のロス・カッツ。過酷な運命に翻弄される主人公のトラヴィスを演じるのは、『リンカーン/秘密の書』のベンジャミン・ウォーカー。トラヴィスの恋人で後に妻となるギャビー役には、『ウォーム・ボディーズ』、『X-ミッション』のテリーサ・パーマー。トラヴィスの父親役にはアカデミー賞®の常連トム・ウィルキンソン。その他、『96時間』シリーズのマギー・グレイス、『パーシー・ジャクソン』シリーズの新星アレクサンドラ・ダダリオ、「ヤング・スーパーマン」主演のトム・ウェリングなど豪華共演陣。また、『しあわせの隠れ場所』の撮影監督アラー・キビロが映し出す美しい極上の映像美と、深味と豊かな表情を与える音楽にも注目。

 

 

<STORY>

ノースカロライナ州の海沿いにある小さな町で運命的な出会いを果たして結ばれた、トラヴィスとギャビー。二児を授かり幸せな家庭を営む二人だったが、久しぶりのデートの約束にトラヴィスが遅れた日、ギャビーが交通事故にあってしまう。自責の念に駆られるトラヴィスは、目を覚まさないギャビーを前に「真実の愛のために人はどこまでできるのか」と何度も自問する。選択肢は白か黒か、二つしかない。トラヴィスには人生でもっとも重い、究極の選択が求められていた・・・。

 

 

 

監督:ロス・カッツ

出演:ベンジャミン・ウォーカー、テリーサ・パーマー、アレクサンドラ・ダダリオ、

トム・ウェリング、トム・ウィルキンソン、マギー・グレイス

配給:AMGエンタテインメント 公式サイト

 

8月13日(土)より渋谷シネパレスほかロードショー

映画『ペット』がいよいよ明日8/11(木・祝)公開!

©Universal Studios.

「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描きだした、ペットたちの笑いと絆と感動の物語『ペット』が、いよいよ明日8月11日(木・祝)より公開となる。本作は世界中で大ヒットした『ミニオンズ』のスタッフが贈る最新作。

 

日本の公開に先駆け、7月8日(金)より全米で公開を迎えた本作は、未だその勢いは衰えを知らず、公開から5週目でついに3億1951万ドルを突破し、7月から8月にかけて全米公開された夏の作品において、トップの成績を飾っている。さらに、スペインやベルギー、デンマークにドイツ、アルゼンチンなど、世界各国で公開されるや興行収入ランキングで1位を獲得。全世界興行収入もついに5億287万ドルの大台を超え、2016年に公開された全作品において、興行収入ランキングベスト10に入る驚異的な数字を記録している(8月9日時点、Box Office Mojo調べ)。

 

日本語吹替版キャストには、バナナマンの設楽統、日村勇紀をはじめ、佐藤栞里、永作博美、宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、銀河万丈、山寺宏一、中尾隆聖といった豪華声優陣が集結したことも話題を集めている。日本語版イメージソングは、家入レオが担当。また、短編アニメーション『ミニオンズ:アルバイト大作戦』の同時上映により、ミニオンファンも必見となっている。

 

個性豊かなキャラクターが魅力でもある本作は、SNS上で「ノーマンかわいい”この鳥好きだよー、クレイジーだけど”が可愛すぎた。笑笑 」「映画「ペット」のうさぎ、スノーボールがここんとこ気になりすぎて画像を探す日々‥‥かわいいんごw」「スノーボールめっちゃかわ…」といった声がたくさん見られるほか、グッズ展開でもその人気は盛り上がりを見せ、トイザらスなどで販売が開始されている各キャラクターのぬいぐるみは、売り切れする店舗が続出。渋谷にて実施されたスタンプラリーでは早朝から多くのファンが列を作り、予定よりも大幅に早くスタンプ帳が配布終了になるなど、公開を目前にしたここ日本でも“ペット旋風”が吹き荒れている。『ペット』無料LINEスタンプも配信中なので、かわいいキャラクターのスタンプもこの機会にGETしよう!スタンプショップURL:https://line.me/R/shop/detail/6833

 


 

 


 

『ペット』
The Secret Life of Pets

 

<STORY>

大好きな飼い主ケイティと不自由ない生活を送っていたマックスの生活は、ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを保護して連れて帰って来た瞬間から一変!お互いに自分が優位に立とうと奮闘する中で、ある事件をきっかけに2匹は都会という荒野で迷子になってしまう!果たしてマックスたちは、ケイティが帰宅するまでに家に帰ることができるのか・・・!?

 

 

声の出演: 設楽統(バナナマン)、日村勇紀(バナナマン)、佐藤栞里、永作博美、

宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、中尾隆聖、銀河万丈、山寺宏一 他

日本版イメージソング:家入レオ「Brand New Tomorrow」(ビクターエンタテインメント)

監督: クリス・ルノー、ヤローウ・チェイニー

製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
配給:東宝東和 公式サイト

 

8月11日(木・祝)より 全国ロードショー!

世界中で大ヒット!『ミニオンズ』スタッフが贈る最新作