HOME > 映画ニュース・作品紹介 > 月別アーカイブ: 2016|4月

映画ニュース・作品紹介| 月別アーカイブ: 2016|4月

オマールの壁

2005年、自爆攻撃へ向かう若者たちを描き、ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『パラダイス・ナウ』のハニ・アブ・アサド監督による『オマールの壁』が4/16(土)より公開している。本作は、分離壁で囲まれたパレスチナの今を生き抜く若者たちの日々を、切実に、サスペンスフルに描いている。カンヌ国際映画祭をはじめ、多数の映画祭で絶賛され、2度目のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート(パレスチナ代表)となった。また、スタッフは全てパレスチナ人、撮影も全てパレスチナで行われ、100%パレスチナの資本によって製作されたマドンナが「この映画を見よ!」とインスタで激賞した作品。

 

 

 

 

 

<STORY>

思慮深く真面目なパン職人のオマールは、監視塔からの銃弾を避けながら分離壁をよじのぼっては、壁の向こう側に住む恋人ナディアのもとに通っていた。長く占領状態が続くパレスチナでは、人権も自由もない。オマールはこんな毎日を変えようと仲間と共に立ち上がったが、イスラエル兵殺害容疑で捕えられてしまう。イスラエルの秘密警察より拷問を受け、一生囚われの身になるか仲間を裏切ってスパイになるかの選択を迫られるが…。

 

監督・脚本・製作:ハニ・アブ・アサド
出演:アダム・バクリ、ワリード・ズエイター、リーム・リューバニ ほか
配給:アップリンク 公式サイト

​​

4月16日(土)より、角川シネマ新宿、渋谷アップリンクほか全国順次公開中

4/30~“劇場最高音響”にて追悼上映緊急決定! 『プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ』

先週4/21(木)の早朝、世界を代表するミュージシャン“プリンス”がミネソタの自宅“ペイズリー・パーク・スタジオ”で急死した。この訃報を受け1989年に日本初公開、2014年にリバイバル上映された1987年製作でプリンス自信が監督を務めたライブフィルムの最高傑作『プリンス / サイン・オブ・ザ・タイムズ』を渋谷HUMAXシネマにて4月30日(土)~5月7日(土)に“劇場最高音響”にて緊急追悼上映することが決まった。

 

プリンスの音楽を愛する皆さん、是非劇場に集まってもう一度、彼の音楽を堪能しよう!

 

 

『プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ』

“劇場最高音響”にて追悼上映決定

 

日時:2016年4日30日(土)~5月7 日(土)|連日20:40より

劇場:渋谷HUMAXシネマ |TEL. 03-3462-2539|http://www.humax-cinema.co.jp

料金:1,500円均一

割引:あなたが一番好きなプリンスのLP、CDをご持参で料金1,000円に割引

 

 


『プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ』

原題:SIGN ‘O’ THE TIMES

監督:プリンス

製作:ロバート・キャヴァロ、ジョセフ・ルファロー、スティーヴン・フラグノリ

撮影:ピーター・シンクレア/編集:ポール・カイヤット

出演:プリンス、キャット、シーラ・E、シーナ・イーストン、ドクター・フィンク 他

配給:日販

HP:www.sign-o-the-times.com |Twitter:@PRINCE_SOTT |Facebook:www.facebook.com/sott2014

「イタリア映画祭2016」が明日4/29よりいよいよ開幕!

「日本におけるイタリア年」をきっかけに、2001年春に始まった「イタリア映画祭」が、明日4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)まで、有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11 階)で開催される。今年で16回目を迎えた本映画祭は、毎年1万人を超える観客が訪れるゴールデンウィーク恒例のイタリア文化を満喫出来る大きな映画祭となった。今回は2015 年以降に製作された新作12 本、大阪で7 本が上映される。東京ではヴィスコンティ生誕110 年を記念するとともに、今年の初めに惜しまれつつ亡くなったスコーラを追悼して、両監督の歴史的名作を1 本ずつ上映します。今イタリアで最も有名な(!?)ケッコ・ザローネやカンヌ国際映画祭で受賞歴があるダニエーレ・ルケッティ、つい先日発表されたダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で受賞したガブリエーレ・マイネッティ監督や主演のクラウディオ・サンタマリアら、俳優、監督、スタッフなどが来日する予定。

 

 

「イタリア映画祭2016」

会期・会場: 4 月29 日(金・祝)~5 月5 日(木・祝)

有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11 階)

主催:イタリア映画祭実行委員会、イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ

後援:イタリア大使館、イタリア総領事館(大阪のみ)

協賛:FCA ジャパン株式会社、フェラガモ・ジャパン株式会社

協力:株式会社 帝国ホテル、アリタリア-イタリア航空

公式サイト:http://www.asahi.com/italia/

シャオシェン監督『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』がデジタル・リマスターで蘇る!

ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督による青春シリーズ不朽の名作『冬冬の夏休み』(1984年)、『恋恋風塵』(1987年)がデジタル・リマスター版として、5月21日(土)より渋谷ユーロスペースほかにて全国順次公開となる。ホウ・シャオシェン監督の、子供から大人への成長を追う<青春4部作>において、少年期を担う『冬冬の夏休み』は、祖父の住む田舎でひと夏を過ごす幼い兄妹トントンとティンティンを通じて、自然の美しさや子供たちの友情を描く牧歌的な作品。美しい田園風景の中で、追憶のアルバムを開くように、観る者すべてを「あの頃」に還す珠玉の一作。一方の『恋恋風塵』は、幼い頃から兄妹のように育った少年ワンと少女ホンの淡く純粋な恋と別れを描く。二人の、恋と呼ぶにはあまりに近しく、優しい心模様を抑制のきいた映像で映し出す、青春シリーズ掉尾を飾る最高傑作。

 

共に世界初のDCP上映となり、特に『冬冬の夏休み』は台湾の倉庫で発見された状態の悪いネガプリントを、日本で数々の実績を誇るエキスパートで修復、世界に先駆けてデジタル・リマスター版の上映が実現した。30年余りを経て、当時のノスタルジーを感じさせる風景が色鮮やかに蘇ることになる。

 

また、今年は台湾ファンは必見の台湾映画当たり年ともいえる。2014年夏に開催され、大好評を博した「台湾巨匠傑作選2016」は前回以上の充実したラインナップで台湾映画界の変遷と発展を大回顧。ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤン、ツァイ・ミンリャンなど台湾ニューシネマを代表する監督作品に加え、最新ドキュメンタリー含む全23本が一挙上映される。『風櫃の少年』(84)で音楽を担当したエドワード・ヤンは、『冬冬の夏休み』では音楽だけでなく、幼き兄妹の父親役で優しい笑顔を振りまいている。また、エドワード・ヤン監督作『ヤンヤン 夏の思い出』(00)で主演を務めたウー・ニエンチェンが、『恋恋風塵』では脚本を手がけており、まさに一蓮托生の巨匠たちによる青春時代のきらめきがそのまま作品に投影されているといっても過言ではないだろう。いずれも世界各地の映画祭などで高く評価された傑作、秀作揃いなので、これまで台湾映画を見逃してきてしまった人は、是非この機会に台湾映画の魅力に触れてみてほしい。『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』は5/21、ユーロスペースにて2週間限定公開後、全国順次ロードショー。台湾巨匠傑作選2016」は4/30~6/10まで新宿K’s cinemaで開催中。

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち

『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』

The Eichmann Show

 

マーティン・フリーマン主演最新作!

 

©Feelgood Films 2014 Ltd.

1961年、ナチスドイツが犯した大罪ホロコーストの蛮行を暴いた、元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンを裁く、世紀の裁判を撮影し、その映像をTVで放送することで全世界に“ホロコーストの真実”を伝えるため、史上初となる一大プロジェクトの計画と実現に奔走する、名もなきテレビマンたちの驚くべき感動の実話。主演は人気ドラマシリーズ「SHERLOCK/シャーロック」でベネディクト・カンバーバッチ演じるシャーロックの相棒、ワトソン役でおなじみのマーティン・フリーマン。監督は『アンコール!!』のポール・アンドリュー・ウィリアムズ。

 

 

<STORY>

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。様々な困難が立ちはだかる中、撮影の準備は進められ、ついに裁判の日を迎える……。世界初となるTVイベントの実現のために奔走した制作チームの想いとは―。予告編

 

 

監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ

脚本:サイモン・ブロック

出演:マーティン・フリーマン、アンソニー・ラパリア、レベッカ・フロント

配給:ポニーキャニオン 公式サイト

 

4/23(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち 予告

『グランドフィナーレ』週末のミニシアターランキングで洋画1位となる大ヒットスタート!

© 2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHÉ PRODUCTION, FRANCE 2 CINÉMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS,FILM4

4月16日(土)より全国20館で公開となった、イタリアの奇才パオロ・ソレンティーノ監督最新作『グランドフィナーレ』が、4/16~17の週末のミニシアターランキングで洋画1位となる大ヒットスタートを切った。男女比4対6でシニア層、大人女性層が中心で、20代の若い層まで幅広い年齢層が来場し、初日の劇場での出口調査では「アカデミー賞ノミネートの音楽が素晴らしかった」、「スイスの美しいホテルに癒された」、「豪華なキャストに大満足」、「映像美に酔いしれた」、「歳をとってもなお、希望に溢れていることを知った」、という感想が寄せられた。メインの客層がシニア層、主婦層ということからも平日での稼働やレディースデイ、来週末から始まるゴールデンウィークの動員にも期待がかかる。

 

 

 

 

<STORY>

世界的にその名を知られる、英国人音楽家フレッド。今では作曲も指揮も引退し、ハリウッドスターやセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルで優雅なバカンスを送っている。長年の親友で映画監督のミックも一緒だが、現役にこだわり続ける彼は、若いスタッフたちと新作の構想に没頭中だ。そんな中、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜか頑なに断るフレッド。その理由は、娘のレナにも隠している、妻とのある秘密にあった──。

 

 

『グランドフィナーレ』 YOUTH

 

監督:パオロ・ソレンティーノ

出演:マイケル・ケイン、ハーヴェイ・カイテル、レイチェル・ワイズ、ポール・ダノ、ジェーン・フォンダ

配給:ギャガ 公式サイト

 

大ヒット上映中!

『ハロルドが笑うその日まで』おじいちゃんが無茶する映画にハズレなし!

©2014 MER FILM AS All rights reserved

北欧の誇り高き小さな家具屋の店主と、世界最大の家具販売店イケアの創業者。すべてを失った男と、すべてを手に入れようとする時代の寵児。二人の出会いが、“幸せ”の化学反応を引き起こすー。現在も存命するイケアの創業者を誘拐するという仰天の物語を描いたヒューマンドラマ『ハロルドが笑う その日まで』が明日4月16日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて公開となる。

 

本作は“北欧家具”を生涯の生業としながらも、まったく異なる人生をたどってきた人物たちの交流をユーモラスに描いたハートウォーミングドラマ。ノルウェーで40年にわたり、クオリティの高くい、温もりを感じる家具にこだわり続けてきたハロルド。しかし、ある日、彼が営む小さな家具店の目の前に、イケアの北欧最大規模の店舗がオープンし、状況は一変。閉店に追い込まれ、最愛の妻も失い、自暴自棄になったハロルドはイケアの創業者であるイングヴァル・カンプラードへの復讐を決意!スウェーデン、エルムフルトを目指すといった物語。

 

映画は、ハロルドがイケア創業者イングヴァル・カンプラードの誘拐を計画し、偶然にも成功することから始まる珍道中を描いている。日本で2009年に公開された、年金だけでは暮らしていけない老人エミルが、妻のため幸せのために、強盗を繰り返す中で、観る者に“幸せとは何か?”を考えさせてくれるハートウォーミングストーリー『人生に乾杯!』が大ヒットした。この2作に共通するのは何か?それは強い信念を持ったおじいちゃんの“無茶”が描かれている点。周りからみればその“無茶”があり得なさすぎて笑ってしまうところだが、本人たちが真剣なのだから、その姿や行動は余計に可笑しくそしてどこか微笑ましいほっこりした気持ちにさせてくれる。『人生に乾杯!』を楽しめた人はきっと本作のハロルドの奮闘ぶりも楽しめるはず。その他にも『100歳の華麗なる冒険』や『ラスト・ベガス』など、おじいちゃんが無茶する映画にハズレなし!本作は、それぞれの哲学は正反対でも、自分の仕事に誇りを持って生きてきたハロルドとカンプラードの交流を描いており、北欧映画ならではのシニカルさとウィットに富みつつ、心が温かくなる内容に仕上がっている。

 

 

 

 

『ハロルドが笑う その日まで』

配給:ミッドシップ 公式サイト

4月16日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほかにて公開

『モヒカン故郷に帰る』前田敦子の幸せオーラ全開のウェディングドレス姿が初公開!

『南極料理人』『横道世之介』と独自の世界観を生み出してきた沖田修一監督オリジナル脚本の『モヒカン故郷に帰る』が、いよいよ明日4月9日(土)よりテアトル新宿他にて全国拡大公開となる(広島県内にて先行公開中)。松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ、千葉雄大という日本映画になくてはならない豪華キャストが集結し、広島に浮かぶ四島でオールロケを敢行したことでも話題になった。明日の公開を前に、劇中で前田敦子が演じる由佳のウェディングドレス姿が初公開された。主人公のモヒカン息子・永吉(松田龍平)とともに故郷に帰ると父・治のガンが発覚し、永吉は父の願いを叶えるため奮闘する。この結婚式シーンは、そんな父の望みに応えて開かれるクライマックスの結婚式シーン。小さな島にある唯一の病院で島民総出で行われる結婚式は、万国旗や紅白の旗に彩られ、医療器具を用いての照明など、アットホームな空気に包まれている。余命わずかの父のために開かれる二人の手作り結婚式。最高で最強の家族に訪れる、あっと驚くラストは必見となっている。

 

 

『モヒカン故郷に帰る』

配給:東京テアトル 公式サイト

4/9(土)よりテアトル新宿ほか全国公開!(広島県内先行公開中)

 

 

© 2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

『モヒカン故郷に帰る』細野晴臣、4年振りのオリジナル楽曲「MOHICAN」配信開始!

細野晴臣のオリジナル楽曲としては4年振りとなった待望の新曲「MOHICAN」の配信がiTunes、レコチョク、moraほか主要音楽配信サイトにて開始、スペシャルミュージックビデオも完成し、YouTube ビクターエンタテインメント公式チャンネルで公開された。今回の新曲は、『南極料理人』、『横道世之介』、『滝を見にいく』などで知られる沖田修一監督の最新作、映画『モヒカン故郷に帰る』の主題歌となっており、ミュージックビデオは映画の中から、柄本明が演じる主人公の父・治の姿を楽曲に合わせ沖田監督自ら編集したものとなっている。広島での先行公開も話題となる中、いよいよ明日4月9日(土)から全国公開となる『モヒカン故郷に帰る』は、瀬戸内海に浮かぶ故郷へ結婚報告に恋人と共に7年ぶりに帰郷したモヒカン息子と父や母、弟ともに繰り広げる悲喜こもごもあふれるホームドラマ。沖田修一監督のオリジナル脚本で、主演の松田龍平がモヒカン息子・永吉を、昔気質の頑固親父・治を柄本明が演じる。また永吉の恋人・由佳を前田敦子、永吉の母親・春子をもたいまさこ、弟・浩二を千葉雄大という豪華俳優陣が演じる。今回の主題歌は、沖田監督が以前から大ファンであった細野にラブコールを送ったことから実現。監督とのディスカッションを経て、松田龍平が演じる永吉のモヒカンにインスパイアされた主題歌「MOHICAN」が誕生した。細野・沖田・松田は今回のコラボレーションに際し、下記のコメントを寄せている。

 

 

◇細野晴臣

モヒカン刈りって昔はかなりのツッパリ感があったヘア・スタイルだったけど、今となってみればノスタルジックで、悲哀さえ感じます。この映画はそういう落差を見せてくれました。都会でツンツン尖ったロッカーが、故郷へ戻るとそこは日本の原風景。これを見て故郷に帰りたくなる若者もいるでしょうね。いいなあ、ふるさとって

 

◇沖田修一監督

思わず笑ってしまうほど、素晴らしい主題歌を頂きました。細野さんにこの詞を歌わせていいのか、と畏れ多くも嬉しい気持ちでいっぱいです

 

◇松田龍平

島に住んでいるような、浮遊感のある心地の良い曲だと思いました。映画の雰囲気にぴったりで僕も嬉しいです。ぜひこの曲と共に余韻を楽しんで下さい。

 

 

 

 

『モヒカン故郷に帰る』

配給:東京テアトル 公式サイト

4/9(土)よりテアトル新宿ほか全国公開!(広島県内先行公開中)

 

 

© 2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会