HOME > 映画ニュース・作品紹介 > 月別アーカイブ: 2015|12月

映画ニュース・作品紹介| 月別アーカイブ: 2015|12月

ディーン、君がいた瞬間

『ディーン、君がいた瞬間』

LIFE

 

今明かされる、ジェームズ・ディーンと写真家との2週間の旅

 

©See-Saw Films

24歳でこの世を去った20世紀最大のスター、ジェームズ・ディーンと、「LIFE誌」の天才写真家デニス・ストックとの知られざる旅路と友情を描いた物語。ジェームズ・ディーンを演じるのは、『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン。写真家のデニス・ストックには、『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン。監督は、カンヌ国際映画祭カメラドール賞を受賞し、世界で最も影響力がある写真家とも言われる伝説の写真家アントン・コービン。写真家デニス・ストックの視点から見たジェームズ・ディーンをリアリティたっぷりに描いており、また、華麗なジャズサウンドが50年代のムードを作りあげている。

 

1955年、アメリカ。マグナム・フォトに所属する、野心溢れる若手写真家デニス・ストックはもっと世界を驚嘆させる写真を撮らなければと焦っていた。無名の新人俳優ジェームズ・ディーンとパーティーで出会ったストックは、彼がスターになることを確信し、LIFE誌に掲載するための密着撮影を持ち掛ける。ディーンを追いかけ、LA、NY、そして彼の故郷のインディアナまで旅するストック。初めは心が通じ合わなかった二人だが、次第に互いの才能に刺激されていく。そして彼らの運命だけでなく時代まで変える写真が、思わぬ形で誕生するのだが・・・。予告編

 

監督:アントン・コービン

出演:デイン・デハーン、ロバート・パティンソン、ジョエル・エドガートン、

ベン・キングズレー、アレッサンドラ・マストロナルディ

配給:ギャガ 公式サイト

 

12月19日(土)シネスイッチ銀座他 全国順次公開

ディーン、君がいた瞬間 予告

バレエのドキュメンタリーが続々公開!『ロパートキナ 孤高の白鳥』ほか、バレエ映画が目白押し!

©DELANGE PRODUCTION

2015年から2016年にかけて、バレエの知られざる裏側をおさめたドキュメンタリー映画が続々公開される。ノルウェーでプロバレエダンサーを目指す少年たちの友情と成長を、4年間にわたって追った青春ドキュメンタリー『バレエボーイズ』。ロシアの名門、ボリショイ・バレエ団の舞台裏に初めてカメラが入った『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』がそれぞれ公開中だ。続いて来年2016年1月30日には、『ロパートキナ 孤高の白鳥』が公開される。ロシアで最も格調の高いバレエ団と称えられる「マリインスキー・バレエ」は、3大バレエ「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」を世に送り出したことでも知られている。この200年以上の歴史を誇るバレエ団で、その頂点に立つプリンシパルが、ウリヤーナ・ロパートキナだ。

 

世界一とも言われる彼女の“白鳥”。その魅力の秘密を彼女は「成功の秘訣は手の動きにあります。指先まで美しければ、本当に素晴らしい白鳥になります。そして、白鳥と黒鳥は一人の人間が両方踊るわけですから、善と悪との対比をいかに表現できるかにかかっていると思っています。」と語る。

 

本作では、母校ワガノワ・バレエ・アカデミーを訪れた彼女の、厳しい修業時代に関する意外な告白や、マリインスキーの稽古場での過酷なリハーサル風景をカメラは捉える。また、最愛の娘とのプライベートショットや、貴重な舞台映像もふんだんに紹介され、客席からは見ることのできない、まさにつま先から指先にまでこめられたその想いを映し出している。

 

翌2月には、ノルウェーを拠点に活躍する世界トップクラスの日本人プリマドンナ、西野麻衣子の挑戦を追ったドキュメンタリー 『Maiko ふたたびの白鳥』が公開予定。15歳でイギリスの名門ロイヤルバレエスクールに留学し、19歳でノルウェー国立バレエ団に入団。25歳ではついに同バレエ団初の東洋人プリンシバルとなる。一方、私生活ではオペラハウスの芸術監督を務めるノルウェー人男性ニコライと結婚、と順調に成功を掴んでいく。しかし彼女も30代を迎え、多くの女性が抱える出産とキャリアの選択に悩むこととなった。

 

本作では、出産・育休を経て、改めてプリンシバルへの復帰を決意した彼女が、尊敬する母・衣津栄や、優しい夫・ニコライら、温かい家族に支えられながら、クラシックバレエの中でも特に難役とされる「白鳥の湖」に挑む姿を描き出す。美しいドキュメンタリーを、ぜひ映画館で体感してほしい。

 

『バレエボーイズ』、『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』は現在公開中。

『ロパートキナ 孤高の白鳥』は2016年1月30日公開。『Maiko ふたたびの白鳥』は2月20日公開予定

12/23公開『きみといた2日間』主演マイルズ・テラーインタビュー映像が解禁!

© 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

‘ネット恋活’から始まるこの冬いちばんのラブストーリー『きみといた2日間』が、いよいよ12月23日(祝・水)より公開となる。本作の公開を前にマイルズ・テラーのインタビュー映像が解禁となった。本年度アカデミー賞3部門を受賞した『セッション』で主人公を熱演した、マイルズ・テラー。SFアクション『ダイバージェント』の出演でも注目を浴び、先日公開された続編『ダイバージェントNEO』にも登場。そして、『ファンタスティック・フォー』で主演を務めるなど、来年度以降も活躍が大いに期待されている俳優である。そんな彼にこの冬一番のラブストーリー『きみといた2日間』について語ってもらった。

 

Q:脚本の第一印象はいかがでしたか?

 

脚本の出来が最高だったね。作品のコンセプトが気に入った。登場人物が陥る状況がね(笑)最初2人は互いにかなり動揺している。互いに生涯の恋人かは分からないけど短期間に2人の関係はかなり発展するんだ。

 

Q:‘アレック’というキャラクターはいかがでしたか?

 

多くの人々が大学に行くのは希望する職を得るためだ。大学時代を費やし、情熱に向かって力を注ぐ。だが、アレックは違う。彼の情熱はただ人生を楽しむこと。でも当然そんな生き方を可能にする仕事はない。

 

Q:アナリーとの共演はいかがでしたか?

 

楽しかったよ!僕は数本の映画で主演の経験があるけれど、彼女は今回が初めてだったと思う。

大変だったはずだよ。限られた時間で撮影していったからね。考える間もなく、先に進まなきゃならないし。

 

Q:『きみといた2日間』はどんな作品ですか?

 

みんな失恋の経験がある。最初に付き合った恋人と結婚したというケースを除けば誰もが破局と立ち直りを経験しているはずだ。それがこの作品のテーマだよ。主人公のメーガンが積極性を見せるのはクールだね。ジェシカ・ゾー演じる親友に言われるんだ、失恋に気落ちしないでネットを使ってセックスの相手を見つけろとね。それでメーガンは行動するんだ。男なら誰もが彼女に興味を持つはずだよ。

 

Qマックス・ニコルズ監督と仕事をした感想は?

 

彼は細かい配慮ができる監督だ。マックスは離れたイスから監督するのではなく、常にすぐ僕らの隣にいたよ。彼は愉快だし、コメディー向きの監督だね。舞台で演じている場合は、観客の笑いでウケたのかが分かるが、映画では自分の感覚で面白さを判断する必要があるからね。

 

 

 

 

『君といた2日間』公式サイト

配給:ファインフィルムズ

12月23日(祝・水)より、新宿武蔵野館他にて公開

話題のチェス映画『完全なるチェックメイト』に羽生善治ら著名人が絶賛コメント!

伝説の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが挑む<世紀のチェスマッチ>の真相にせまる映画『完全なるチェックメイト』がいよいよ来週12月25日(金)より公開となる。

 

本作は、米ソ冷戦時代、実在の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが、チェス最強国ロシアの絶対王者ボリス・スパスキーに挑んだ、国家の威信をかけた世紀の一局を描いた物語。主演のトビー・マグワイアは、絶対的な才能を持ちながらも、時に理解され難い奇行を繰り返し変人と言われた主人公ボビー・フィッシャーを怪演、製作も務めている。本作の公開に先駆け羽生善治、森内俊之ら著名人らがコメントを寄せた。

 

 

赤ペン瀧川(なんでも添削家)

 

“天才の人生”って何でこんなに魅力的なのだろうか。

そしてそれを極上のエンターテインメントに仕上げてくれたこの映画に感謝。

間違いなくトビー・マグワイアの代表作だぞ、これは!

 

安蘭けい(女優)

 

フィクションと錯覚するほどのサスペンス!

類い稀な才能は、時として他国をも相手に戦える大きな武器になる。

悲しい背景故に武器をもった彼らは、もはや国に操られるチェスの駒。

 

いとうせいこう(作家、クリエーター)twitterより

 

世紀の天才、狂ったチェス選手、ボビー・フィッシャーを徹底的に事実に基づいて描く。

ボードゲームは人を進化させ、追い詰める。

 

片桐仁(ラーメンズ)

 

チェスのルールは一切分からないけど、“ものすごい緊張感の中、

見たこともない技が発動して逆転”みたいなシーンには、興奮しました。

 

鎌田實(医師/作家)

 

これぞ映画!狂気の戦いがすごい。人生は夢中で、自由に生きていいんだと思わせてくれる映画。

生きるヒントをもらった。

 

金田一秀穂(杏林大学教授)

 

最強にして最善のライバルと戦わなくてはならないことの、とてつもない悲劇と深い幸運がわかります。

 

小島慎也(チェスプレイヤー)

 

もう一つの冷戦であった、チェス盤上での米ソ対立。己の夢と国の威信をかけて戦い、

数奇な運命をたどった男の物語は、見る人を奥深いチェスの世界へいざなうでしょう。

 

坂上忍(俳優)

 

オ・モ・シ・ロ・ス・ギ・ル。美しすぎる狂気の世界。

想像を絶するスリルに、きっとあなたも酸欠状態に陥るはず。

 

デーブ・スペクター(放送プロデューサー)

 

これほど異色の勝ち負けストーリーは記憶にない。

文字通り完全なる映画だ。

 

中川晃教(俳優/シンガーソングライター)

 

生きるということは何と美しく過酷なのだろう。それでも、人は自分の真実を追い求める。

この映画は、チェスに夢を見て、チェスに生きた1人の天才の物語である。

 

名越康文(精神科医)

 

あの究極のゲームを、この繊細な神経の持ち主がどうして戦えたのか、私にも解らない。

ただ彼は確かに、治癒以上に大きなものを手に入れた。

 

羽生善治(将棋棋士)

 

極限の淵を歩く男達の苦悩と葛藤を描いた物語。1970年代の冷戦の佳境でアメリカ、ソ連、

共に威信を賭けたレイキャビクでの戦いは究極の代理戦争として歴史に残るのだろう。まさか、これが実話とは。

 

若松卓宏(漫画『盤上のポラリス』作画担当)※単行本第3巻12月17日発売

 

相手の心を砕く。フィッシャーのプレイがそうだったように。この映画で彼がたどり着いた真実は

日本人が持っているチェスの「美しく紳士的」というイメージを破壊してくれる。

 

風吹ジュン(女優)

 

神経衰弱ギリギリ作品。四手進むと3000億通り!国の威信のための戦いに驚嘆!チェスがこれほど面白いとは。

 

萬田久子(女優)

 

ルールも解らないチェスにいつしか引き込まれ『狂喜』な接戦に熱くなった不思議な時間。

経験・センス・頭脳戦!!Bobbyの目力(めぢから)が私の脳裏に焼きつき眠れない一夜となった。

 

森内俊之(将棋棋士)

 

時代の大きな渦に巻き込まれながら、国を代表して戦ったチャンピオン達。

その波乱万丈な人生を後世に語り継ぐ、大変意義深い作品だ。

 

ロバート・キャンベル(東京大学院教授)

 

冷戦のさなか、闘いはボードの上で交わされていた。想像がつかないほどピュアで美しいが、

フィッシャーの次の一手を誰もが読めない。澄んだ目と、神経質な指先にずっと見入っていた。

 

 

『完全なるチェックメイト』

配給:GAGA 公式サイト

12月25日(金)TOHOシネマズ シャンテ他  全国順次ロードショー

完全なるチェックメイト

『完全なるチェックメイト』

PAWN SACRIFICE

 

トビー・マグワイアと『ラストサムライ』の名匠が贈る、

フィクションを超えた衝撃の実話。

 

© 2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Tony Rivetti Jr.

『ラストサムライ』のエドワード・ズウィックが当時世界中の注目を一挙にあつめたアメリカとソ連両国が威信をかけた “究極の頭脳戦”、伝説の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーとチェス最強国・ソ連が誇る世界王者ボリス・スパスキーとの<世紀の一局>を重厚かつスリリングに描く。フィッシャーを演じるのは、『スパイダーマン』シリーズのトビー・マグワイア。製作者として脚本開発からキャスティング、全てに関わった。ボリス・スパスキーには、『ウルヴァリン:X‐MENZERO』のリーヴ・シュレイバー。弁護士ポールには、『リンカーン』のマイケル・スタールバーグ。ポールとコンビを組むロンバーディ神父には、『フライトプラン』のピーター・サースガード。

 

 

 

米ソ冷戦下、1972年に開催されたチェス世界王者決定戦は、両国の威信をかけた知の代理戦争として世界中の注目を集めていた。タイトルを34年間保持してきたソ連への挑戦権を獲得したのは、アメリカの若き棋士ボビー・フィッシャー。IQ187を誇る天才で15歳にして最年少グランドマスターとなった輝かしい経歴の持ち主だが、その思考は突飛で、行動は制御不能。極端な自信家で、自分の主張が通らないと大事なゲームすら放棄する。モーツァルトにたとえられる奇行の天才が相対するのは、最強の王者、ソ連のスパスキー。対局一局目、スパスキーに完敗するフィッシャー。残り二十三局、絶対不利と見られたフィッシャーは常軌を逸した戦略をうちたてる・・・。 二大国家の大統領もフィクサーとして影で動いたと言われる、歴史を揺るがす世紀の一戦で生まれた、今尚語り継がれる<神の一手>の真実が明かされる─!予告編

 

 

監督:エドワード・ズウィック

出演:トビー・マグワイア、ピーター・サースガード、リーヴ・シュレイバー

配給:GAGA 公式サイト

 

12月25日(金)TOHOシネマズ シャンテ他  全国順次ロードショー

完全なるチェックメイト 予告

『完全なるチェックメイト』エドワード・ズウィック監督インタビュー

『完全なるチェックメイト』

 

エドワード・ズウィック監督インタビュー

 


 

米ソ冷戦時代、実在の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが、チェス最強国ロシアの絶対王者ボリス・スパスキーに挑んだ、国家の威信をかけた世紀の一局を重厚かつスリリングに描く『完全なるチェックメイト』がいよいよ12月25日(金)に公開となる。主演のトビー・マグワイアは、絶対的な才能を持ちながらも、時に理解され難い奇行を繰り返し変人と言われた主人公ボビー・フィッシャーを怪演、本作では製作も務めている。本作の監督を務めた『ラストサムライ』『ブラッド・ダイヤモンド』の名匠エドワード・ズウィックのインタビューが届いた。


 

 

Q:目指したのはどのようなことですか?

 

非常に大きくて重要な歴史的瞬間を背景にした、とても個人的な物語を作ることだった。

 

Q: 歴史的にも数奇な運命を辿るキャラクターですが、どうして彼の物語を描こうと決心されたのですか?

 

公の物語と個人的な物語の両方を語るつもりだった。メディアを通して語られた、ある大きなイベント。そのイベントを管理する、あるグループ。そして、秘密にされたボビー・フィッシャーの非常に私的な体験。それらの要素をバランスよく絡み合わせることが重要だった。

 

Q: 彼を動かしていたものとは何でしょう?

 

彼は天才、神童だった。チェス競技で尊敬を集め、大いなる誇りと野心があった。だが、彼には子供時代に根差したある種の脆弱性があって、悪いことにそれはとても繊細でもろかった。それら2つのことが突出してせめぎ合い、彼を動かしていたのだと思う。

 


Q:歴史的背景を見事に描き出していますが、あの時代を再現するのは楽しかったですか?

 

楽しかったよ。旧式フィルムを使って、昔のカメラで撮影した。当時のニュース映像を真似るのも面白かった。インタビューのいくつかは実際の言葉を使い、ディック・カヴェット本人に来てもらって、ボビーとのインタビューや映像をまとめる手助けをしてもらった。時代物は面白い。タイムカプセルに入るような特別の楽しみがあるんだ。

 

 

 

 

Q: 冷戦という歴史的背景はいかがでしょう。競技以上の駆け引きがあったのでは?

 

そうだね。あれは、第二次戦略兵器制限交渉(SALT II)直前の時代だ。僕は60年代初期に育ったが、キューバ危機が起こり、僕たちは机の下にかがんで防御した。アメリカがソビエト連邦を差し迫った脅威と見なした時代だった。そんな時、我々はこのブルックリン出身の若い米国青年をソ連に対抗すべく送り込んだ。我々の心に響く素晴らしいドラマだよ。

 

Q: トビーが素晴らしいです。彼はどういったタイプの俳優ですか?

 

天賦の才能があるほかに、仕事に対してとても真剣だ。完璧にリサーチし、準備万端で、集中し、個々のシーンややってみたいことについて話し合うことができる。

 

Q: チェスの駆け引きが面白いです。この競技は小さなボードの上で起こるのに、サスペンスに満ちています。

 

確かに。チェスはどのスポーツにも劣らないほどサスペンスに満ちている。素晴らしい選手がいる。精神の強さが問題だと偉大な選手は口を揃えて言う。彼らは才能を手足ではなく、知力で示す。2つの知性の闘いだ。

 

Q: 互いの心理戦が物を言う?

 

その通り。「チェスは相手を支配することだ」とボビー・フィッシャーは言った。意志の勝利なんだ。

 

Q:この映画のあとに、彼の心に何が起こったのだと思いますか?

 

彼はすでに落ち目だったし、それは避けられないことだと思う。診断の前だが、彼は確かに妄想性障害を患っていたと思う。

 

 


 

エドワード・ズウィック EDWARD ZWICK


ハーバード大学在学中から舞台の脚本と監督を手掛け、アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)で映画制作を学ぶ。1986年、『きのうの夜は…』で長編映画監督デビュー。続く『グローリー』(89)でデンゼル・ワシントンがアカデミー賞®助演男優賞を受賞、自身はゴールデン・グローブ賞®にノミネートされる。『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』(94)でも同賞にノミネートされる。その他の主な監督作は『ラストサムライ』(03)、『ブラッド・ダイヤモンド』(06)など。最新作はトム・クルーズ主演の『JackReacher2』(16)。プロデューサーとしても活躍、『恋におちたシェイクスピア』(98)ではアカデミー賞®作品賞を受賞。

 


 

 

『完全なるチェックメイト』

配給:ギャガ 公式サイト

12月25日(金)TOHOシネマズ シャンテ他  全国順次ロードショー

『007 スペクター』が初登場NO1!本格的に正月興行が始まる!

SPECTRE ©2015 Danjaq, MGM, CPII. SPECTRE, 007 Gun Logo and related James Bond Trademarks, TM Danjaq. All Rights Reserved.

ダニエル・クレイグ4度目、シリーズ24作目となる最新作『007 スペクター』が、12月4日(金)に公開し、初日~週末の3日間で、全国動員34万6701人・興収4億7150万8100円を記録し、日本を含む全ての公開国で初登場1位という快挙を成し遂げた。5日(土)のTOHOシネマズ日劇は、3回目が完売するなど、各館で好成績が相次ぎ、前作と比べて女性客も目立ち、男性客に加え、幅広い年代の女性、カップル、夫婦を集客した。前作同様サム・メンデス監督がメガホンを取り、新たなる敵スペクターとボンドの死闘を描く。

 

 

12月に入り本格的に正月興行が始まり、週末の動員ランキングでは上位5作品全てが新作を占めた。また、同日12月4日(金)に公開した、チャールズ・M・シュルツ原作の漫画「ピーナツ」のキャラクターたちを3DCGで映画化した『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』も653スクリーンで公開され、動員11万4,709人、興収1億5,387万6,000円を記録し、3位スタートとなった。『アイス・エイジ』シリーズのブルースカイスタジオが制作し、監督は、『ホートン ふしぎな世界のダレダーレ』や『アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険』のスティーブ・マーティノが担当。脚本には、原作者、チャールズ・M・シュルツの息子、クレイグ・シュルツが参加。『アナと雪の女王』のクリストフ・ベックが音楽を手がけている。原作のイメージやスピリッツを忠実に守って観客が違和感なく入り込め、新鮮な驚きも感じられるような世界観を実現している。

 

 

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. PEANUTS © Peanuts Worldwide LLC

 

 


『007 スペクター』

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 公式サイト

大ヒット上映中!

 

 

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』

配給:20世紀フォックス映画 公式サイト

大ヒット上映中!

SAINT LAURENT / サンローラン

『SAINT LAURENT/サンローラン』

SAINT LAURENT

 

第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品

セザール賞最多10部門ノミネート!

 

© 2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

モードの帝王イヴ・サンローランの“モンドリアン・ルック” や“ポップアート” コレクションで大ブレイクした後の人生で最も輝き、最も堕落した10年間を描く衝撃作。イヴ・サンローランに扮するのは、『ロング・エンゲージメント』『ハンニバル・ライジング』のギャスパー・ウリエル。共演には、『最後のマイ・ウェイ』のジェレミー・レニエ、『アデル、ブルーは熱い色』『美女と野獣』のレア・セドゥ。『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』のヘルムート・バーガー。監督は、『メゾン ある娼館の秘密』のベルトラン・ボネロ。

 

 

1967年、イヴ・サンローランは世界最高のデザイナーへの道を駆け上がっていた。その名声はアンディ・ウォーホルから「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」と称えられるほどだ。だが、次第にイヴは新しいデザインを生み出すプレッシャーに押し潰されていく。ブランドの経営を一手に引き受け、人生のパートナーでもあるピエール・ベルジェの保護者のような愛も時に重かった。70年代に入り、ミューズとしてイヴを支えるルルや、悪い遊びにふけるモデルのベティ、そして危険な愛人ジャックらと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは1 枚のデザイン画も描けなくなってしまう─ 。予告編

 

 

 

監督:ベルトラン・ボネロ

出演:ギャスパー・ウリエル、ジェレミー・レニエ、ルイ・ガレル、レア・セドゥ、ヘルムート・バーガー

配給:ギャガ 公式サイト

 

12月4日(金) TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開