HOME > 映画ニュース・作品紹介 > カテゴリー別アーカイブ: SPECIAL

映画ニュース・作品紹介|SPECIAL

『高慢と偏見とゾンビ』キャスト三人インタビュー映像解禁!

© 2016 PPZ Holdings,LLC

恋愛小説の金字塔『高慢と偏見』を、謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えるという大胆な試みで話題を呼んだ同名小説の映画化『高慢と偏見とゾンビ』が、本日9月30日より公開となり、本作のヒロイン、エリザベス役のリリー・ジェームズと、ベネット家の長女ジェイン役のベラ・ヒースコート、そしてダーシー役のサム・ライリー等主要キャストが作品への想いを語ったインタビュー映像が解禁となった。

 

ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』のマッシュアップ小説の映画化である本作について、リリー・ジェームズは「よくみんなで話していたんだけど、『高慢と偏見』を知らなくても『高慢と偏見とゾンビ』は楽しめるわ。もしかしたら、本作を観たあとに、小説を読んだり他の映像作品を観てみたくなったりはするかもしれないけど。だから、オースティン作品を知らない人や若い世代にオースティン作品を紹介するのには、とてもいい方法だと思うわ。」と、ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』を知っている人は勿論知らない人でも、十分楽しめる作品であることを語った。また、ダーシー役のサム・ライリーも「ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』の要素がまだたくさん残っていて、感動したよ。最後にエリザベスとダーシーが結ばれるシーンが、他の映像作品と同じくらいロマンティックになるはずだ。一晩中、ゾンビを殺しまくったせいで、ダーシーの顔は血まみれだけどね。」と本作ならではの見どころを、ブラックユーモアを交えてアピールした。『高慢と偏見』のオマージュがどこに隠されているのか、ラブロマンスとゾンビがいかに融合しているのか、見どころ満載の映画『高慢と偏見とゾンビ』はいよいよ本日より公開!

 

 

 

 

配給:ギャガ 公式サイト

9月30日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー

『歌声にのった少年』ハニ・アブ・アサド監督 映画制作の舞台裏を語るインタビュー映像

© 2015 Idol Film Production Ltd/MBC FZ LLC KeyFilm/September Film

『パラダイス・ナウ』でアカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭ヨーロピアンフィルム賞を受賞し、続く『オマールの壁』でも再びアカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされたハニ・アブ・アサド監督の最新作、『歌声にのった少年』が9月24日(土)より公開となる。

 

物語は全米の人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」の中東版「アラブ・アイドル」に出場し、見事2013年の“アラブ・アイドル”に輝いたムハンマド・アッサーフの実話に基づいた感動のサクセス・ストーリー。本作の監督を務めたのは、イスラエル出身で『パラダイス・ナウ』『オマールの壁』でアカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされたハニ・アブ・アサド監督。これまでは、シリアスな政治や国際問題に真正面から迫る社会派ドラマを手掛けてきた彼が、ムハンマドの生き方に感銘を受け、「美しく感動的な物語が作りたい」と新境地に挑んだ。そんなハニ・アブ・アサド監督がパレスチナでの映画制作の舞台裏を語る貴重なインタビューが到着した。

 

 

配給:アルバトロス・フィルム 公式サイト
9月24日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次ロードショー!

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』豪華キャストがノア監督の魅力について語る特別映像

©2014 InterActiveCorp Films, LLC.

ベン・スティラー、ナオミ・ワッツ、アダム・ドライバー、そしてアマンダ・サイフリッドとハリウッドを代表する豪華キャストが共演し話題の大人のロマンティック・コメディ『ヤング・アダルト・ニューヨーク』が7 月22 日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国7館にて公開され、各地で満席の回が多数でるなど、順調なスタートを切った。

 

ブルックリンに暮らす、世代の違うカップルたちのモラルや価値観のズレ、成功への夢と野心のぶつかり合いを、リアルかつユーモラスに描く本作は、ヒップスターたちのライフスタイルと最先端カルチャーを80 年代のサウンドに乗せて贈る、クスッと笑えて、少しほろ苦くて、最後には胸が熱くなる“迷子の大人たち”の成長物語。

 

本作の豪華キャストたちがノア監督の魅力について語る特別映像が解禁となった。貴重な撮影裏側を描いたメイキング動画も満載の本映像は必見!監督を務めたノア・バームバックは才気に溢れた脚本家としても活躍し、2004年にウェス・アンダーソン監督の『ライフ・アクアティック』の脚本を担当したことで注目され、05年に監督・脚本を手掛けた『イカとクジラ』では、アカデミー賞®脚本賞にノミネートされ、全米・NY・LAの映画批評家協会賞で脚本賞を総なめにし、その研ぎ澄まされた人間観察力とシニカルな語り口、それでいて登場人物たちへの眼差しにハートフルな温かさを忘れないスタイルから、“ポスト/ウディ・アレンの大本命”の称号も手に入れた。

 

 

 

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

配給:キノフィルムズ 公式サイト

7月22日(金)、TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー

『トリプル9 裏切りのコード』物語の行く末を暗示する緊迫の冒頭シーン解禁!

©2015 999 Holdings, LLC

『ザ・ロード』『欲望のバージニア』のジョン・ヒルコート監督が、職務中の警官が撃たれる非常事態が発生し、応援を呼ぶ際に使われる警察コード〈トリプルナイン〉の盲点を突いた壮大な事件の成り行きを描く本格クライム・アクション『トリプル9 裏切りのコード』の冒頭シーンが解禁された。

 

今回解禁された映像は、アメリカ・ジョージア州アトランタの空撮から始まり、無数に並んでいる銃、墓地、逮捕されたロシアン・マフィアの幹部のニュース記事、爆破された車、殺人事件現場の生々しい写真がインサートされ、舞台となるアトランタの街がいかに危険なのかが分かる冒頭シーンとなっている。キッパー(ユダヤ教の民族衣装の一種で男性がかぶる帽子のようなもの)を被った屈強な男を2人従え、真っ赤なジャケットを着た女がトランクに押し込まれている男女を見つめる。歯は全て抜かれ、指を切られる拷問を受けた男女は助けを懇願するが、その女は一瞥すると無言でトランクを閉める…。場面は変わり、トラックに乗っている男たちが覆面をかぶり、白昼堂々銀行を襲撃する準備をしている。一人は車の中から指示を的確に出し、手際よく銀行を支配していく。警察無線の傍受により通報されたことが発覚、男たちは警察が到着する前に目的のものを手に入れ逃走を図る・・・。バイオレンス、スリル、リアリティが、重低音の音楽とともに凝縮された冒頭シーンは、これから始まる裏切りとバイオレンスにまみれた本作の行く末を暗示するかのような緊迫感に溢れた見応えある映像となっている。赤いジャケットが印象的な冷酷非情なロシアン・マフィア、白昼堂々と手際よく銀行を襲撃した男たち、この先彼からの関係はどのように絡み合ってくるのか…。一瞬たりとも気の抜けない『トリプル9 裏切りのコード』は6月18日(土)より公開中!

 

 

 

 

『トリプル9 裏切りのコード』

配給:プレシディオ 公式サイト R15+

6月18日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

『エクス・マキナ』特別映像

©Universal Pictures

 

本年度アカデミー賞にて視覚効果賞を受賞、VFXを駆使したスタイリッシュなビジュアルと、登場人物も場所も限定されたミニマムなストーリーテリングで、人間と人工知能の主従関係を巡る心理戦を描いたSFスリラー『エクス・マキナ』が6月11日(土)より公開となった。

 

ケイレブ役のドーナル・グリーソンやアレックス・ガーランド監督が、切り立った丘や滝が美しいノルウェーでの撮影秘話を語った特別映像が届いた。

 

 

 

 

 

 

 

監督・脚本:アレックス・ガーランド
出演:ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル、オスカー・アイザック
配給:パルコ 公式サイト R-15
6/11(土)より、シネクイント他にて全国ロードショー!