HOME > 映画ニュース・作品紹介 > カテゴリー別アーカイブ: SPECIAL

映画ニュース・作品紹介|SPECIAL

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』アレックス・カーツマン監督インタビュー映像

トム・クルーズ主演、ミイラというキャラクターの原型である作品『ミイラ再生』(32)を新しく生まれ変わらせた『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』がいよいよ 7月28日(金)より全国公開となる。本作は、中東の広大な砂漠から現在のロンドンに隠された地下迷宮を舞台に、古代エジプトの神話に封印された邪悪なる“王女”の復活の物語を描くアクション・アドベンチャー超大作。

 

この度、本作の監督であり、「ダーク・ユニバース」プロジェクトの中心人物であるアレックス・カーツマン監督のインタビュー映像が到着した。往年の名作クラシック・モンスター映画を、次世代向けに全く新しいキャストとスタッフの手によって蘇えらせる「ダーク・ユニバース」シリーズ。この世紀の巨大プロジェクトを、「ワイルド・スピード」シリーズを手掛けているクリス・モーガンと共に、中核とし担っているのが「トランスフォーマー」「スター・トレック」「ミッション:インポッシブル」シリーズなど、数多くの脚本・プロデュースを手掛けてきたアレックス・カーツマンである。

 

©Universal Pictures

 

 

監督:アレックス・カーツマン
プロデューサー:アレックス・カーツマン、クリス・モーガン、ショーン・ダニエル、サラ・ブラッドショウ
脚本:ジョン・スぺイツ、クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴァンス、ラッセル・クロウ
配給:東宝東和 公式サイト

 

7月28日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー!

『歓びのトスカーナ』Wヒロインインタビュー映像

イタリア映画界の名匠パオロ・ヴィルズィ監督が、『人間の値打ち』に続きヴァレリア・ブルー二・テデスキと再びタッグを組んだ今週末7/8公開の『歓びのトスカーナ』のヒロインを演じたヴァレリア・ブルーニ・テデスキとミカエラ・ラマッツォッティのインタビュー映像が解禁された。本作は緑豊かなイタリア・トスカーナ州を舞台に、精神診療施設から抜け出した女性二人の逃避行を描く。極度の虚言癖があり、嵐の如き“ハイ”テンションで周りの人々を困惑させるベアトリーチェと、過去のトラウマを引きずり何かに脅えているような“ロー”テンションで自らの殻に閉じこもるドナテッラをそれぞれ演じたヴァレリア・ブルーニ・テデスキとミカエラ・ラマッツォッティ。

 

 

 

 

ヴァレリア・ブルーニ・テデスキは物語を「コメディだけど苦悩と絶望に満ちてる」と表現。「ミカエラと絡む喜びや暴力の難しいシーンでは、実際に喜びや激しさを感じた」と振り返り、数々の名作に名を刻んできたベテラン女優が“本気で演じた”作品への想いを明かす。ベアトリーチェは喜怒哀楽の表現が激しく常に声を張り上げて周りに自分の存在をアピールする強烈なキャラクターだが、テデスキはそんな役柄について「正しい人間でもないし、行儀も良くない。粗野な役だからこそ女優として不作法でないことが大事なの。演じていて楽しいわ」とほほ笑む。一方、ソフィア・ローレンを継ぐ女優と言われ、イタリア映画記者組合が選出する銀のリボン賞で3度にわたり主演女優賞を受賞しているミカエラ・ラマッツォッティも同様に「ドナテッラのような悲痛な役を演じたかった。すべてに恐怖を感じる人物を受け入れたかった」と役柄への強い思い入れを語る。共に心に問題を抱えた者同士でありながら助け合い、“病を治したい”という希望を見出していく姿は感動を呼び起こす。

 

女性の友情が描かれていながら実は作中で“友達”というワードはほぼ皆無だ。一度だけ出てくる場面もベアリーチェによるその場しのぎのようなニュアンスで、逃避行中に相手を罵倒しながら大喧嘩をするなど、友達とは程遠いように見える二人。初めから意気投合していたわけではない真逆の相手だからこそ一人では出来なかった逃避行が実現し、現実と向き合う二人の旅路の中で絆が深まっていく。そこで生まれた友情は、まったく予想のできない未来を見せてくれるので、観客は二人の逃避行の行方を最後まで見守りたくなるだろう。予定調和的なお涙ちょうだいのドラマではなく、生きることの喜びや悲しみ、堪えがたいほどの痛みもまっすぐに見すえつつ、破天荒なユーモアやサプライズを随所に織り交ぜたヴィルズィ監督の手腕に唸ること間違いなしだ。『歓びのトスカーナ』は、7/8(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー。

 

 

監督:パオロ・ヴィルズィ

出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ミカエラ・ラマッツォッティ、ヴァレンティーナ・カルネルッティ、トンマーゾ・ラーニョ、ボブ・メシーニ、セルジョ・アルベッリ
配給:ミッドシップ 公式サイト

『ライフ』公開直前!特別映像

未知なる生命体を調査している宇宙飛行士6人が、無重力の宇宙船内で直面する恐怖と死闘を描いたSFホラー『ライフ』の本編映像のほか、貴重なキャスト&スタッフのインタビューなど、本作の見どころがたっぷり詰まった特別映像が届いた。

 

世界的大ヒットを巻き起こし、続編の公開も控える『デッドプール』のライアン・レイノルズと脚本チーム(ポール・ワーニック&レット・リース)が再タッグを組んだ本作は、アカデミー賞®ノミネート俳優のジェイク・ギレンホール、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション』で妖艶な魅力を披露したレベッカ・ファーガソン、そして日本が誇るハリウッド・スター、真田広之という豪華キャストが競演している。SF映画史上最高クオリティで圧倒的なリアリティ描写で、「明日、起きても不思議ではない」、現実味溢れるストーリーを描いた驚愕の最恐SFホラー『ライフ』は、今週末7月8日(土)より全国公開。

 

 

 

 

<STORY>

火星で採取した<地球外生命体>の細胞を国際宇宙ステーション内で極秘調査するために、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士たち。しかし、次第に進化・成長し、高い頭脳を持つ“それ”を前に、宇宙飛行士たちの関係も狂い始め、命も奪われていく。最後に生き残る<ライフ>は―。

 

 

監督:ダニエル・エスピノーサ
出演:ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 公式サイト

 

7月8日(土)丸の内ピカデリー他全国ロードショー

『高慢と偏見とゾンビ』キャスト三人インタビュー映像解禁!

© 2016 PPZ Holdings,LLC

恋愛小説の金字塔『高慢と偏見』を、謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えるという大胆な試みで話題を呼んだ同名小説の映画化『高慢と偏見とゾンビ』が、本日9月30日より公開となり、本作のヒロイン、エリザベス役のリリー・ジェームズと、ベネット家の長女ジェイン役のベラ・ヒースコート、そしてダーシー役のサム・ライリー等主要キャストが作品への想いを語ったインタビュー映像が解禁となった。

 

ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』のマッシュアップ小説の映画化である本作について、リリー・ジェームズは「よくみんなで話していたんだけど、『高慢と偏見』を知らなくても『高慢と偏見とゾンビ』は楽しめるわ。もしかしたら、本作を観たあとに、小説を読んだり他の映像作品を観てみたくなったりはするかもしれないけど。だから、オースティン作品を知らない人や若い世代にオースティン作品を紹介するのには、とてもいい方法だと思うわ。」と、ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』を知っている人は勿論知らない人でも、十分楽しめる作品であることを語った。また、ダーシー役のサム・ライリーも「ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』の要素がまだたくさん残っていて、感動したよ。最後にエリザベスとダーシーが結ばれるシーンが、他の映像作品と同じくらいロマンティックになるはずだ。一晩中、ゾンビを殺しまくったせいで、ダーシーの顔は血まみれだけどね。」と本作ならではの見どころを、ブラックユーモアを交えてアピールした。『高慢と偏見』のオマージュがどこに隠されているのか、ラブロマンスとゾンビがいかに融合しているのか、見どころ満載の映画『高慢と偏見とゾンビ』はいよいよ本日より公開!

 

 

 

 

配給:ギャガ 公式サイト

9月30日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー

『歌声にのった少年』ハニ・アブ・アサド監督 映画制作の舞台裏を語るインタビュー映像

© 2015 Idol Film Production Ltd/MBC FZ LLC KeyFilm/September Film

『パラダイス・ナウ』でアカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭ヨーロピアンフィルム賞を受賞し、続く『オマールの壁』でも再びアカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされたハニ・アブ・アサド監督の最新作、『歌声にのった少年』が9月24日(土)より公開となる。

 

物語は全米の人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」の中東版「アラブ・アイドル」に出場し、見事2013年の“アラブ・アイドル”に輝いたムハンマド・アッサーフの実話に基づいた感動のサクセス・ストーリー。本作の監督を務めたのは、イスラエル出身で『パラダイス・ナウ』『オマールの壁』でアカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされたハニ・アブ・アサド監督。これまでは、シリアスな政治や国際問題に真正面から迫る社会派ドラマを手掛けてきた彼が、ムハンマドの生き方に感銘を受け、「美しく感動的な物語が作りたい」と新境地に挑んだ。そんなハニ・アブ・アサド監督がパレスチナでの映画制作の舞台裏を語る貴重なインタビューが到着した。

 

 

配給:アルバトロス・フィルム 公式サイト
9月24日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次ロードショー!