HOME > 映画ニュース・作品紹介 > カテゴリー別アーカイブ: 作品紹介

映画ニュース・作品紹介|作品紹介

ドッグ・イート・ドッグ

『ドッグ・イート・ドッグ』

Dog Eat Dog

 

©2015 BLUE BUDGIE DED PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

タランティーノも絶賛したE・バンカー原作の同名ハードボイルド小説完全映画化!

 

裏社会を舞台に、まさに“喰うか、喰われるか”=“DOG EAT DOG“の息詰まる状況をぶっ飛んだトリップ映像と容赦ないバイオレンス描写で描いたクライム・サスペンス。主演はニコラス・ケイジ。共演には『ジョン・ウィック』のウィレム・デフォー、『ウォーキングデット』クリストファー・マッシュ・クック。監督は『タクシードライバー』『レイジング・ブル』の名脚本家としても知られるポール・シュレイダー。本作では監督自身も物語のキーパーソンとなるギャングの首領を好演。第69回カンヌ国際映画祭の「監督週間」部門でクロージング上映され、観る者のド肝を抜いた泣く子も黙る衝撃作。

 

 

<STORY>

長年の刑務所勤めを終え、シャバに出てきたトロイはムショ仲間だったコカイン中毒のマット・ドッグ、巨漢のディーゼルと再会。お先真っ暗な人生とサヨナラしたい3人は、イカれた地元ギャングの首領から、ある仕事の依頼を受ける―。それは借金を返済しない男の赤ん坊を誘拐すること。一見、簡単に見えた報酬75万ドルの大仕事だったが、辞退は最悪な展開を招き、3人は追われる身となってしまう・・・。まさに“喰うか、喰われるか”の状況のなか、果たして、生き残るのは誰だ!?

 

 

 

 

監督:ポール・シュレイダー

脚色:マシュー・ワイルダー

制作総指揮:バーニー・バーマン、ジェフ・キャパートン、レイモンド・マスフィールドほか

原作:エドワード・バンカー 「ドッグ・イート・ドッグ」(早川書房)

出演:ニコラス・ケイジ、ウィレム・デフォー、クリストファー・マシュー・クック、オマール・ドーシー、ポール・シュレイダー
配給:プレシディオ 公式サイト R18

 

6/17(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

ラプチャー 破裂

『ラプチャー 破裂』

RUPTURE

 

『ミレニアム』シリーズ ノオミ・ラパス最新作!

 

©2016Rupture CAL, Inc

『ミレニアム』シリーズ、『プロメテウス』のノオミ・ラパス主演のSMホラー。監督は、サンダンス映画祭を皮切りに、世界を熱狂させたSMラブストーリー『セクレタリー』(03)のスティーヴン・シャインバーグ、脚本は同じくサンダンスで話題となった少女による監禁サスペンス『ハード キャンディ』(06)のブライアン・ネルソン。そんなハリウッドきっての異才が『アメリカン・スナイパー』の製作者であるアンドリュー・ラザーのもとに集結。拉致、監禁、人体実験―。その衝撃すぎる展開が、観るもの全ての自律神経をこれでもかと刺激する!

 

 

<STORY>

蜘蛛が嫌いなシングルマザーのレネー。ある日突然、見知らぬ男達に拉致される。謎の隔離施設で目覚めた彼女を待っていたのは、被験者に”生きている中で一番嫌いな物”を与え続ける人体実験。拘束され、動けない状態での執拗なまでの“蜘蛛攻め”の果て、レネーの体は驚愕の変化を見せ始める–。この異様すぎる実験は一体、誰が何のためにおこなっているのか―?

 

 

 

 

監督・原案・製作:スティーヴン・シャインバーグ

脚本・原案:ブライアン・ネルソン

出演:ノオミ・ラパス、ピーター・ストーメア、マイケル・チクリス

配給:ギャガ・プラス 公式サイト

 

6月3日(土) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

ローマ法王になる日まで

©TAODUE SRL 2015

『ローマ法王になる日まで』
Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente

 

現ローマ法王フランシスコの知られざる激動の

半生を綴った感動の実話

 

史上初のアメリカ大陸出身のカトリック教会長として第266 代「ローマ法王」に就任したフランシスコの激動の人生を事実に基づき描いた作品。約600 年ぶりに生前退位した先代ベネディクト16世の後を継いだのは、初の南半球出身者であり、初のイエズス会出身のフランシスコ。ブエノスアイレス出身のイタリア移民2世で、サッカーとタンゴをこよなく愛する庶民派。本作は、そのフランシスコが法王となる前、一介の聖職者だったホルヘ・マリオ・ベルゴリオの激動の日々を描きだす。

 

<STORY>
コンクラーベ(法王選挙)のためにバチカンを訪れたベルゴリオは、運命の日を前に自身の半生を振り返る-。1938 年、ホルヘ・マリオ・ベルゴリオは、イタリア移民の子としてブエノスアイレスに生まれる。大学で化学を学んでいた彼は、20 歳のとき神に仕えることが自分の道と確信し、イエズス会に入会。神学を学び始め、瞬く間にその指導力が認められて35 歳の若さでアルゼンチン管区長に任命される。だが次第に軍の圧力が強まり、恐怖政治の足音が近づいて来る…弱きもの、民衆に寄り添い続けたベルゴリオが法王となるまでの激動の日々、彼が愛し、彼を支えた人々の姿を感動的に描き出す。

 

 

 

監督・原案・脚本:ダニエーレ・ルケッティ
出演:ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、セルヒオ・エルナンデスほか
配給 : シンカ/ミモザフィルムズ 公式サイト

 

6月3日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、
YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー!

パトリオット・デイ

『パトリオット・デイ』

Patriots Day

 

ボストンマラソン爆弾テロ事件の真実を描いた実話!

 

『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』に続き、マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督が3度目のタッグを組み、2013年4月15日におこったボストンマラソン爆弾テロ事件の、犯人特定から逮捕までの102時間の真実を描いた実録サスペンスドラマ。

 

 

<STORY>

2013年4月15日。殺人課の刑事トミーは朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。突如、群衆のまっただ中で大爆発が起こり、歓声は悲鳴に変わる。到着したFBIのリックは現場を見ると「これはテロだ」と断言。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する。彼らの犯行と思われる市民の拉致事件と市街での銃撃戦まで勃発、知事は異例の措置で街を完全に封鎖する―。

 

監督・脚本:ピーター・バーグ

出演:マーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン

配給:キノフィルムズ 公式サイト

 

6月9日(金)、TOHOシネマズ スカラ座他にて全国公開!

 

© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

ジェーン

『ジェーン』

JANE GOT A GUN

 

ナタリー・ポートマン製作・主演最新作!

 

©2015 SP JGAG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンが製作・主演を務め、運命に翻弄されながらも家族のために生きる女性・ジェーンの姿を描き出す。共演には、彼女を追い詰める敵役にユアン・マクレガー。かつての恋人役に『ブラック・スキャンダル』のジョエル・エドガートン。南北戦争直後のニューメキシコ周辺を舞台に、現在と過去が交差しながら息もつかせぬ展開する本作は、大切なモノを守るために戦いを決意した女性の儚くも美しい愛の物語。

 

 

<STORY>

アメリカ西部で夫と娘とともに穏やかに暮らしていたジェーン。しかしある日、夫が撃たれ、逃げ帰って来たことでその平穏は奪われてしまう。相手は悪名高きビショップ一家。地の果てまで追い続け、全てを奪い去るビショップの恐ろしさを知るジェーンは、瀕死の夫と愛する娘を守るため、わらにもすがる思いから南北戦争の英雄でかつての恋人・ダンに助けを求める。迫る敵を前に、徐々に明らかになるそれぞれの過去、そして人生の真実。運命に抗い、戦うことを決意したジェーン。彼女は今、愛のために銃を取るー。

 

 

 

 

 

 

監督:ギャヴィン・オコナー
出演:ナタリー・ポートマン、ユアン・マクレガー、ジョエル・エドガートン、

ノア・エメリッヒ、ロドリゴ・サントロ
配給: ポニーキャニオン 公式サイト

 

絶賛公開中!