マーケットの仕入れ人≪ホーガン、銀幕に登場≫

カーンとゴングが鳴る。

長い金髪をなびかせたレスラーが相手をロープに投げつけ、

その反動で戻ってくる敵のノド元にアックス・ボンバーが炸裂!

ご存知、ハルク・ホーガンの登場だ。

   
このプロレスラーが主演する「ロッキー」仕立ての痛快アクション

“No Holds Barred”は今年6月全米で公開されるや、同時期公開の

「インディー・ジョーンズ/最後の聖戦」(1989)の2位に浮上、

3日間で5百万ドル(約7億円)の好成績をあげたゴキゲン映画。

   
この映画来年春に日本で公開される。

「最後の—」は、とっくに日本で公開されてるのに、

どうしてホーガンのはそんなに遅いのか。

それは映画の買付け、配給システムに大いに関係がある。

  

外国映画が日本に配給されるケースは二つある。

一つは“産地直送”タイプ。たとえば今から話題を呼んでいるワーナーMP「バットマン」。

ワーナー映画は日本に支社を持ってるから、この映画を直接日本に持ってこれる。

つまり産地直送。日本で一番売れそうな正月映画として公開してやろうというハラだ。
やはり正月用の「ゴースト・バスターズⅡ」(コロムビア) 

「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」(UIP)もこのタイプ。

   
もう一つは日本の映画会社が世界のあちこちにトコトコでかけ、自分で商品(映画)を買ってくるタイプ。

外国には年に何度か大きな映画祭があり、築地の魚市場に仕入れにいくように(?)でかけていくわけだ。

   
一番有名なのがカンヌ映画祭で、当スーパーマンもこの5月にカンヌへトコトコでかけてみた。

  

   

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。

戦争の犠牲者たち≪軍隊用語は省略で≫

さて、本日は軍隊用語の英語レッスンだ。
軍隊は忙しいので、いろんな表現をイニシャルだけですませてしまう。

 

よくお目にかかるところでは、「ASAP」。これは“As soon as possible”。

「できるだけ早く」って意味で、中学の時、習ったでしょう。

  
「MIA」は“Missing in a action”。戦闘中の行方不明者だ。

  
「C-rats」はC級のデキの悪いネズミ、じゃなくて“Combat rations”。

戦場へ持っていく携帯食料のこと。

  
“ベトナム”は「ナム」。“最高”はNumber one、“最低”はNumber ten。

貧しいアジア人が住んでる掘立て小屋みたいな家は“フーチ”と呼ぶが、

これは日本語の「ウチ」(家)からきたみたいだ。

  
Cherryはサクランボでも処女のナニでもなく“新兵”の意味として使われる。

  
また、アチラでは本隊や部隊にニックネームがついている。

パルマの新作でも「こちらサイレント・ツイン、スーパーマン02どうぞ」とやっていた。

日本の自衛隊でも無線で「こちらかぐや姫、ネズミ小僧どうぞ」なんてやってるのかな(まさか、ね)。

  
ところで、オロンガポの町に行った時のことだが、

土地のバアさんにいきなり日本語で「バカヤロー」と言われた時は驚いた。
何だと思ったら、その昔、日本兵から唯一習った日本語なのだそうで、バアさん、

明るい顔で「こんにちは」のつもりで言ったのだ。

   
考えてみると、これも“戦争の犠牲者”なのかもしれない。

  

 

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。

戦争の犠牲者たち≪暗いベトナム物≫

第一に軍隊用語。

手榴弾一つをとっても、破片手榴弾(fragme-ntation grenade)、

煙幕手榴弾(smoke grenade)と、いろいろ種類がある。

さらに“サンバー”という手榴弾を撃つ砲なんてのもあるんだな。

 
ヘリだって、“スリック” “スネーク” “ARA”だの種類の違うのが

バタバタ飛んでくる。

   
それに階級だ。英語じゃ、よく“ルーテナント”ってのが出てくるが、

これが少尉か中尉か決まってない。“サージェント”なんて最先任上級曹長から、

ただの3等軍曹まで七つも八つも階級が分かれてる。
   

さらに兵隊のスラング。

ベトコン一つ呼ぶのにも「VC」「コン」「グークス」(本当は東洋人の意)と、かしましい。

それにしても第二次世界大戦が壮大で過激なドラマだったとすると、ベトナム戦争は、

ちまちまとセコくて、いまだにウジウジと煮えきらないところがある。
同じ戦争映画でも、ベトナム物は観終ってスッキリしない、気持ち悪い。

   
このパルマの新作も、普通のベトナム人の村の娘を、米兵たちが奪って犯しちゃう実話ストーリーだが、

白人米兵の目にはアジア人の普通の娘も娼婦もみんな同じに映るらしい。

   
最近は減ったが、マニラを徘徊してる日本人のスケベ旅行者たちも似たような目で、

フィリピン女性を見てたよナ。
昔、オロンガポ(フィリピンの軍港の町)へ行った時、米軍の基地のゲートからは、

すぐに娼婦街が続いていて、米兵たちは街へ出ると娼婦以外に出会わない構造になっていた。

  
そんな米兵たちが日本にきたらやっぱり同じような目で日本の娘たちを見てるのだろうかと思うと

気が重くなる。でも、ベトナム戦争って一体何だったんだろうと、ふと思う。あの頃はベトナム反戦、

ピース(平和)、ラブ(愛)なんて、みんな文化してたが。今やそこの難民が長崎に押し寄せる時代である。

   

 

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。

戦争の犠牲者たち≪デ・パルマの新作≫

古くは「殺しのドレス」「キャリー」、最近は「アンタッチャブル」で我々をゾクゾクさせてくれたブライアン・デ・パルマ監督が「フルメタル・ジャケット」のキューブリック監督よろしく、ベトナム戦争映画をお作りになった。

      

70ミリ大作“Casualities of War”(戦争の犠牲者たち)。

 
主演は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の人気者、マイケル・J・フォックス。

   

彼氏をいじめる悪軍曹に、かのマドンナに三下り半をつきつけられ、

撮影中に誰かの頭をブン殴って留置場に放り込まれたショーン・ペン。

   
この二人、映画の中で敵対関係を演じるのだが、実生活でも仲が悪く、

撮影中もケンカばかりしてたというから、映画の迫力も、なかなかだ。

   
今、開催中の東京国際映画祭の招待作品で、10月3日に東急文化会館の

オーチャード・ホールで上映される(日本公開は来春)。

    
さてこの映画の翻訳を始めたが、戦争映画ってやつも、なかなか言葉がヤッカイだ。

  

 

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。

広東語に大往生≪“洋鬼”って何!?≫

ええい、ままよと適当に訳してできた字幕原稿をかかえて、もう一度映画を観て、

つき合わせをするのだが、あれ、このセリフは誰のだっけ・・・とオタオタしてると、画面はもうずっと先に進んでる。ビデオならストップしてもう一度ってこともできるが、フィルムはひたすら回るだけ。

 
かくしてこの映画では、みんなが泳いでるシーンに、その前の「おい、あの海で泳ごうぜ」なんて字幕が入ってしまった。映画祭にはこの初号のプリントがそのまま上映されたから、いや~、恥ずかしかったな!

 
さて今回はカンフー映画からチャイニーズ・イングリッシュ・レッスンといこう。

漢字は読むだけならわかりやすい。たとえば「出来!」Come out!は“出てこい”。

「長話短説」は、“長い話を短くいえ”。英語なら“Cut your speek short”ってとこかな。

  
じゃあ「鬼婆」ってわかる?オニババじゃない。

英語で“Foreign woman”“外人女”って意味。もちろん下品な言い方だ。

   
外人Foreignerは「洋鬼」。昔中国の人は日本人をののしって「東洋鬼」なんて呼んでたこともある。

「鬼」には“外人野郎”って意味があるのだ。

  
もっと続けたいが、紙数と時間がない。さぁ、これから成田へ車でブッとばそう。

  

 

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。

ボクシングの応援に行ってきた

昨日後楽園ホールに、ボクシングの応援に行ってきた。

   

飛天(日高)かずひこ、元東洋太平洋スーパーウェルター級チャンピオン。一度は引退を宣言したが3年ぶりの

現役復帰大試合だ。

   

そういえば映画でも何度も復活を果たしてきたボクサーがいるな。そう、ロッキー。飛天はまだ30を超したばかりだが、スタローンなんてもう65歳を超している。

     

人間、これで終わりってことはない。

飛天の試合はすごかった。

3年ぶりだが絶対に負けないって気迫がみなぎっていた。

 

多少20代の軽快さに欠けるが、張り詰めた筋肉が鋼鉄の

パンチとなって炸裂する。

    

結果は判定、だがもちろん勝利。

やった! おめでとう。応援団はみんな大喜びだった。

   
  

そういえば映画翻訳家協会が編纂した「字幕翻訳者が選ぶオールタイムベストテン」。

あの中で菊地浩司のベスト10に、チャンピオン復活の夢を果たし、しかし悲しい結末を遂げる涙のストーリー

「チャンプ」が選ばれているが、じつは僕がベスト10に入れたのは「チャンプ」でなく「チャンス」。

1979年に公開されたピーター・セラーズのほんわかとした寓話の映画です。

この「チャンス」も見終わったとき、ほっと温かい涙を流させてくれますよ。

壮大なるクルージング

ひさしくブログの更新をサボってる。

 

というのも今壮大なるヨット・クルージングの

真っ最中なのです。

  

母港の江の島ヨットハーバーを出港したのが4月21日。

 

大荒れの海を4日以上かけて小笠原に着いたのが

25日AM2:00。

 

  

小笠原で数日休憩をして、そこから太平洋の真っ只中を

朝昼晩どこへ寄ることもなく南大東島まで5日間、そして

さらに2日かけて沖縄の宜野湾マリーナにたどり着いた。

   

その距離およそ2500キロ。

もう頭の先から足の爪先まで海にドップリって感じ。

 

しばらく船を沖縄に置いたまま東京に戻ってきて

仕事再開。

  

   

そして沖縄の梅雨明けを待って、先日6月29日から

今度は沖縄、奄美大島、悪石島、屋久島を経て

宮崎県の日向まで、昼は島に上陸、夜は暗い海を

月明かりや星の明かりを頼りにエッチラオッチラ、

クルージングしてきました。

 

今、船は日向。

このあと九州から瀬戸内海を経て、鳴門海峡を渡り、

紀伊半島先端の潮岬を回って江の島まで、まだまだ

先の長い航海が待っているのです。

  
これって昔いつも机にかじりついて翻訳ばかりしていた反動なのかな、なんていうほど仕事してなかったよね。

広東語に大往生≪悪戦苦闘の広東版≫

さて、さっそうとスーパーマンの字幕翻訳のスタートだ・・・

と、いきなりカッコよくいかないのが香港映画だ。

 
セリフは全編、広東語。

広東料理なら、横浜中華街でたまにお付き合いしてるけど、コトバはとんとダメ。
 

台本には感じの中国語とすっごく簡素化された英訳がついている。ト書きはなし。
これが困るのだ。試写を見ながら台本のセリフとつき合わせをするのだが、

今しゃべっているのが台本のどのセリフに相当するのか、まるでわからない。

漢字を見ても広東語の発音にこちらはチンプンカンプンだから処置なし、だ。

 
スーパーマン、北京語はちょっとかじっているが、そんなもの役に立ちはしない。
意地の悪いことに(いいかげんというか)、台本には誰のセリフか、役名も書いていない。
中国語って、漢字が十個ぐらい並んでても二秒くらいでしゃべっちゃう。

わかるのは日本語と同じ「ハイ」(Yes)だけ。ホント、情けなくなりました。

 
それでも、こちらは無敵のスーパーマン、悪戦苦闘、四苦八苦の末、何とかやりとげた。
「執法先鋒」の日本タイトルは、まだ未定。

当スーパーマンの日本語訳台本を見てから配給元(東映クラッシック)が決めるそう。
なお、同社にはユン・ピョウの作品がもう一本入荷している。

 
ところで最近は翻訳の時、ワーク用のビデオ・テープを貸してくれたりするから、画面を見ながら何とか、

このセリフだろうなんて見当をつけて訳せるが、このビデオがないとなると、手も足も出なくなる。

 
数年前のこと、東京国際映画祭のための「ビショット」というブラジル映画を翻訳した。
ブラジル語の台本に、やはり英訳がついている。ワーク用のビデオはない。
セリフを録音した音声だけのカセットテープを聴きながら、このセリフはどんなシーンでしゃべってたっけなんて、映画を思い出しながら翻訳するのだが、最初の試写の時からすでにセリフがチンプンカンプンなのだった。
あとでセリフの声を聴いても、どのシーンの誰のセリフか思い出せっこない。

 

  

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。

広東語に大往生≪久しぶりの香港カンフー≫

「トー」「ター」「ハー」「ホー」と、かけ声も勇ましく勧善懲悪、スーパーマンもマッ青の超スーパーアクションで、いつも我々を楽しませてくれるのが、香港カンフー映画だ。

 
カンフーものは日本では下火だが、地元ではまだまだ健在。当スーパーマン、超過密スケジュールの難を逃れんと、海外へトンズラを決め込み、その逃亡直前の最後の仕事が「執法先鋒」(Righting Wrong)の翻訳だった。

 
この映画、ストーリーは単純明解。ハー検事に扮するのがユン・ピョウ。

彼を人殺しと信じて戦いを挑んでくる金髪の女刑事はシンシア・ロスロック。さすが外人、お尻は大きいが、カンフー技は実にお見事。背後にはもちろん大悪党がいて、ひたすらアクションを楽しんでいただきたいという映画だ。

 
ハイライトはラスト・シーンでユン・ピョウが高空を飛ぶ飛行機からパラシュートもつけずに海に飛び降りる・・・その寸前までを延々とロングで追う。

   

いくら下が海でも、ありゃ絶対死んじゃうぜって思うほど、迫力あるスタントだった。  

  

   

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。

スーパー残酷物語≪麻薬スラング講座≫

「13日の金曜日」は、実際呪われている。

 
前回は当スーパーマンが翻訳中に、我らが大先輩である清水俊二先生が亡くなった。その前はやはり「13金」の初号プリントの試写を終えた翌々日、一緒に見たUIP映画の制作担当N部長が“急死”した。

 
今回は何も起こらなければいいが・・・。近々、近所の神社にお祓いに行くつもりでいる。今も両手を合わせ、無事を祈りながら、これを書いているのだ。

 
ところで、ホテルにカン詰めになったのは近々発売されるビデオ「ウッドストック」の翻訳のためでもある。

 
愛と平和と音楽の祭典。ピースマークやヒッピーたちも今や昔だが、当時から変わらず若者たちに人気がある(?)のがロックとマリファナ。そこで今回はドラッグに関するスラング(俗語)講座。

 

麻薬の総称は“dope”(ドープ)。最近流行の“ドーピング”と同じ単語。

 
マリファナは“grass”(グラス)。草。麻の葉っぱのこと。

 

ハッシッシは“shit”(シット)。茶色のかたまりでウンコみたいだから。

 

LSDは“acid”(アシッド)。強烈すぎて、最近はすたれたようだ。

 

コカインは“coke”(コーク)。白い粉なので“snow white”(白雪姫)なんて呼ばれたりもする。

 
覚醒剤は“speed”(スピード)。これをやって気分よくなることを“get high”(ゲットハイ)、

トロンとしてしまうのを“down”(ダウン)という。

   
仕事をしずぎて、すっかり落ち込んでいるのもダウン。当スーパーマンもホテルで、まさにダウン寸前だ。

  

  

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。