MENUopen


HOME > シネマ英会話 > 黄金のアデーレ 名画の帰還 > LESSON2

黄金のアデーレ 名画の帰還 LESSON2

11月27日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

     

STORY

マリアの伯母アデーレがモデルの肖像画は、ウィーンのベルベデーレ美術館が所蔵するクリムトの名画。高い弁護料は払えないというマリアの依頼を断るが、ふと検索したサイトで肖像画の評価額が最低でも1億ドルだと知り、引き受けるランディ。家族や全てを奪われ、友人を殺された国に二度と戻る気はなかったマリアだが、実の娘のように可愛がってくれた伯母の面影を胸に、過去と向き合う旅に出る決意をする。

LESSON

 

◇マリアのお店に来たランディ

   

Randol:Still working.

  

ランディ:まだ店に?

   

Maria: I’ll close the shop only when I croak.

  

マリア:死ぬまで働くつもりよ

POINT

croak /“ くたばる,死ぬ”

◇39歳お一人様の私。もしもの時に友達に頼んでおこう〜。

e.g:Bury me when I croak.

      私が死んだら埋葬して。

 

   

  例文を参考に「彼は少し前に死んだ。」を英文にしてみてね!

  答えは下に! “H〜”から始まるよ!


ANSWER

He croaked a while ago.

予告編

黄金のアデーレ 名画の帰還  WOMAN IN GOLD

監督 サイモン・カーティス
出演 ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ ほか
配給

ギャガ

公開日 11月27日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
公式サイト http://golden.gaga.ne.jp/

© THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015

PAGE TOP