MENUopen


HOME > シネマ英会話 > パディントン > LESSON2

パディントン LESSON2

1月15日(金)全国ロードショー!

     

 

STORY

出会った駅名から彼に“パディントン”と名付けたメリーは、嫌がる夫のヘンリーをなだめ、家へと連れて帰る。 反抗的な娘のジュディ、いたずら盛りの息子のジョナサンと共に、家政婦役の親戚のバードさんが待つブラウン家に到着早々、初めて見るバスルームでトイレを壊し、オシャレな家を水浸しにしてしまうパディントン。心配性でリスク管理が仕事のヘンリーは、朝一番でパディントンを役所に引き渡すと激怒する。
 

パディントン

礼儀正しい“紳士”なクマ。トレードマークは赤い帽子とダッフルコートスーツケース。

とても親切だが、不器用で行く先々でアクシデントを起こしがち。

LESSON

 

◇パディントンに声を掛けたメリーは力になると伝える・・・。

   

Paddington:Oh, yes please. If you’re sure it’s no trouble.

  

パディントン:助かります。ご迷惑では?

   

Mary: Of course it isn’t. Is it, darling?

  

メリー: とんでもない。ねえ あなた

   

Henry: Not at all.

  

ヘンリー:もちろん

POINT

Not at all /“少しも〜でない,そんなことはない”

◇ カナダからはるばる友達が遊びに来てくれた!

e.g:

        A: Thank you for coming.

             来てくれてありがとう。

     

        B: Not at all. It was my pleasure.

       とんでもない。こちらこそ

 

  

  感謝をされた場合のお礼の返事として使われるよ! 

  例文を参考に「彼はまったく紳士的ではない」を英文にしてみてね!

  答えは下に! “H”から始まるよ!


ANSWER

He is not at all a gentleman.

予告編

パディントン  Paddington

監督 ポール・キング
製作

デヴィッド・ハイマン

出演 ベン・ウィショー(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、 サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント
原作 マイケル・ボンド
配給 キノフィルムズ
公開日 1月15日(金)全国ロードショー!
公式サイト http://paddington-movie.jp/

© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited

PAGE TOP