MENUopen


HOME > シネマ英会話 > ダラス・バイヤーズクラブ > LESSON3

ダラスバイヤーズ・クラブ LESSON3

2月22日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町他、全国ロードショー

 

 

 

1980年代のエイズ治療

1980年代半ばのアメリカでは、エイズの治療薬はAZT(アジドチミジン)が唯一の抗ウィルス薬だった。高価であるとともに入手は極めて困難な状況で患者は毎日亡くなっていった。そんななか『ダラス・バイヤーズクラブ』は生まれた。薬が承認されるまでには長い期間がかかるため、エイズ活動家たちは手ごろな代変え薬の入手を求めると共に、海外の治療薬の承認をFDA(食品医薬品局)に求め続けた。

STORY

そんなロンたちの前に立ちはだかったのが医師と製薬会社と政府。弁護士を使い、法で抵抗する彼は“個人の健康のために薬を飲むという権利を侵害する”国の動きに対して徹底抗戦の構えをとる。それはまさに“彼を見殺しにしようとする世界に対する戦い”“一人の男の生きる権利の戦いだった”

LESSON

 

◇ロンの話を聞くマイケルとイアン・・・。

  

Ronnie: Meds and the treatments are free. But the membership in $400 a month. You're going to have to sign a waiver, we're not responsible for the drugs that we give you. You croak, you croak. It's not our problem.

      

ロン:会費が400ドルで薬は無料 自己責任で薬をのむことを承諾する書類だ 死んでもこっちは責任を取らない

POINT

croak/”死ぬ、くたばる(スラングで)”

えっ!マジで・・・。

  

e.g:He croaked last week.

    彼は先週亡くなった。

    

“crock”はカエルやカラスが鳴くことを意味するよ。

例文を参考に「カエルが鳴きだした」を英文にしてみてね!

  

答えは下に! “F〜”から始まるよ!

 

ANSWER

Frogs started croaking

予告編

ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club

監督

ジャン=マルク・ヴァレ 

脚本

メリッサ・ウォーラック

出演 マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー
配給

ファインフィルムズ

公式サイト http://www.finefilms.co.jp/dallas/ 
公式Twitter https://twitter.com/dallas_movie
公式facebook https://www.facebook.com/pages/Dallas-Buyers-Club/

Ⓒ 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right

PAGE TOP